西暦

西暦(せいれき)とは、キリスト教キリスト(救世主)と見なされるイエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年(紀元)とした紀年法である[1]ラテン文字表記はヨーロッパ各国で異なるが、日本語英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノドミニ (Anno Domini)」の略であり、「主(イエス・キリスト)の年に」という意味。西暦紀元、キリスト紀元ともいう。

今年は2018年 (JST) である。西ヨーロッパのキリスト教(カトリック教会、および後のプロテスタント)地域から徐々に普及し(後述)、西欧諸国が世界各地で進めた植民活動などによって伝わった結果、現在において世界で最も広く使われている紀年法となっている。

しかし、19世紀以降においては、非キリスト教徒との関係から、ADをCommon Era(略:CE、「共通紀元」の意)へ、同時に紀元前(BC)をBefore Common Era(BCE)に切り替える動きが広まっている。

他の言語で
العربية: حقبة عامة
asturianu: Dómina común
azərbaycanca: Bizim era
беларуская: Наша эра
беларуская (тарашкевіца)‎: Наша эра
català: Era comuna
čeština: Náš letopočet
Deutsch: V. u. Z.
English: Common Era
Esperanto: Komuna Erao
español: Era común
euskara: Oraingo Aroa
français: Ère commune
हिन्दी: आम युग
interlingua: Era commun
íslenska: Okkar tímatal
italiano: Era volgare
la .lojban.: la cabna cedra
kernowek: Oos Kemmyn
Lingua Franca Nova: Eda comun
македонски: Наша ера
മലയാളം: കോമൺ ഇറ
norsk nynorsk: Fvt.
polski: Naszej ery
português: Era comum
română: Era comună
русский: Наша эра
Scots: Common Era
srpskohrvatski / српскохрватски: Nova era
සිංහල: පොදු යුගය
Simple English: Common Era
slovenščina: Naše štetje let
தமிழ்: பொது ஊழி
Türkçe: Milat
татарча/tatarça: Безнең эра
українська: Наша ера
oʻzbekcha/ўзбекча: Bizning era
Tiếng Việt: Công Nguyên
中文: 公元
粵語: 公元