被曝

被曝(ひばく、radiation exposure)とは、人体が放射線にさらされることを言う[注釈 1]。「」が常用漢字でないことから「被ばく」とも表記される。

被曝は、放射線を受ける形態が外部被曝か内部被曝かでその防護方法が大きく異なる。

概要

放射線の歴史は1895年のヴィルヘルム・コンラート・レントゲンの X 線の発見に始まるが、放射線の利用とともに、人体が放射線を浴びること、被曝(radiation exposure)によって様々な放射線障害[注釈 2]が発生することが徐々に認識されていった。

原子爆弾など戦争兵器にも用いられ、健康被害をもたらす放射線被曝はできる限り避けねばならない、しかしながら、放射線治療などに用いられる放射線技術は大きな利益をもたらす技術である。そこで、放射線技術による利益を享受しつつ、被曝に伴う放射線障害を防止することを目的とした放射線防護(radiation protection)の概念が、放射線障害の認識と共に発達してきた。今日においては以下の目標が掲げられている[2][3]

放射線防護の目標
  1. 利益をもたらすことが明らかな放射線被曝を伴う行為を、不当に制限することなく、人の安全を確保すること
  2. 個人の確定的影響の発生を防止すること[注釈 3]
  3. 確率的影響の発生を制限すること[注釈 4]

放射線防護にあたって最も重要であるのは放射線源から被曝を受ける形態であり、次の二つに分類される[注釈 5][注釈 6]

外部被曝(external exposure、体外被曝)
体の外部にある放射線源からの放射線被曝
内部被曝(internal exposure、体内被曝)
経口摂取、吸引などにより体内に取り込んだ放射性物質による被曝

点放射線源からの外部被曝の場合、最も単純な防護方策はその点線源との距離を大きく取ることであるが、同じ被曝でも空気中に放射性物質が拡散してしまい吸引による内部被曝が疑われる場合は、放射線防護策としては全く異なる方法(マスクの着用など)を取らなくてはならない[注釈 7]

放射線防護策を検討・実施するにあたって場所の放射線量[注釈 8]および被曝をしている個人の線量[注釈 9]を計測(モニタリング)することは重要である。 放射線防護を行う(確率的影響の発生リスク[注釈 10]を人々が容認可能なレベルに抑える)にあたって基本的尺度となる線量概念が実効線量(単位:シーベルト、記号:Sv)であり、個々人の被曝した実効線量は、定められた実効線量限度以下に抑えられる[注釈 11][注釈 12]

なお、低線量の放射線被曝による健康被害については各種議論がある。