薬物乱用

物質乱用
Rational scale to assess the harm of drugs (mean physical harm and mean dependence) ja.svg
依存症専門の精神科医による、精神に作用する薬物の有害性についての投票[1]
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学
ICD-1010.1 - 19.1
ICD-9-CM305
DiseasesDB3961
MeSHD019966

薬物乱用(やくぶつらんよう、Substance Abuse)とは、繰り返して、著しく有害な結果が生じているが、耐性離脱、強迫的な使用といった薬物依存症の定義に満たないという、薬物の使用状態における精神障害である。薬物に対する効果が薄れる耐性の形成や、身体的依存が形成され離脱における離脱症状を呈する状態となった場合も含む薬物依存症とは異なる。世界保健機関は、薬物乱用の用語は曖昧であるため用いず[2]、精神や身体に実際に害がある有害な使用の診断名を用いている[3][4]。その研究用の診断基準では1か月以上持続していることを要求している[5]

経過としては、乱用をしなくなるか、あるいは薬物依存症に移行する[6]。また、大麻や幻覚剤のように不快な離脱症状のために再び薬物を使用するという状態が起きない薬物もある[7]

向精神薬に関する条約における薬物乱用とは、精神的依存と身体的依存のどちらか、あるいは両方において薬物が用いられることである[8]。1961年の麻薬に関する単一条約と1971年の向精神薬に関する条約によってこれらの乱用薬物の多くを、国際的に規制している。

他の言語で