苦行

冬季の滝行はかなりの苦痛を伴う

苦行(くぎょう)とは、身体を痛めつける事によって自らの精神を高めようとする宗教的行為。禁欲とも密接に関係し主立った宗教(仏教ユダヤ教キリスト教イスラム教ヒンドゥー教神道など)には共通して禁欲主義的な傾向が見られる。

仏教における苦行

開祖釈迦本人は出家した後、断食などを伴う激しい苦行を積んだが、悟りを開いてから、苦行は いたずらに心身消耗するのみで、求めていたもの(真理)は得られぬと、説きました。 しかしながら、自らの中の仏性を目覚めさせるという、仏道の姿勢から、苦行はその手段として、完全に否定され失うという事は無かった。後禅宗の只管打坐(しかんたざ)において、それは極まる。

他の言語で
français: Tapas (sanskrit)
हिन्दी: तप
Bahasa Indonesia: Pertapaan
ಕನ್ನಡ: ತಪಸ್ಸು
lietuvių: Tapasas
नेपाल भाषा: तपः
Nederlands: Tapas (Sanskriet)
ଓଡ଼ିଆ: ତପସ୍ୟା
português: Tapas (sânscrito)
русский: Тапас
संस्कृतम्: तपः
slovenčina: Tapas (sanskrit)
தமிழ்: தவம்
తెలుగు: తపస్సు
ไทย: ดาบส
українська: Тапас
中文: 苦行