若山美子

若山 美子
(わかやま よしこ)
個人情報
国籍日本の旗 日本
生誕 (1940-05-19) 1940年5月19日
満州国の旗 満州国興安北省満州里市
(現・中華人民共和国の旗 中国内モンゴル自治区
死没 (1973-08-03) 1973年8月3日(33歳没)
マッターホルン
教育私立活水高等学校
職業登山家、彫刻家
登頂歴
登頂方法ロッククライミング
著名な実績女性だけのパーティによる世界初のマッターホルン北壁登攀

若山 美子(わかやま よしこ、1940年昭和15年〉5月19日 - 1973年〈昭和48年〉8月3日)は、日本登山家[1]彫刻家[2]1967年(昭和42年)に今井通子と共に、アルプス山脈三大北壁の一つであるマッターホルンの北壁へ、世界初の女性だけのパーティでの登攀を果たした。卓越した登攀技術の持主として将来を期待されていたものの、新婚旅行を兼ねたマッターホルン登山で、夫と共に滑落死した。登山小説『銀嶺の人』のモデルの1人[2]。「若山」は旧姓で、結婚後の本名は「岡本 美子」[3]満州里市出身[1]

他の言語で