船長

船長の肩章の一例

船長(せんちょう)とは、特定の船舶の乗組員で、船舶の指揮者であるとともに船主の代理人として法定の権限を有する者[1]。日本では軍艦自衛艦)の長を艦長英語: captain)と称している。ヨットにおいては艇長(ていちょう)あるいはスキッパー英語: skipper)と称することもある。

概説

船長は船舶の運航指揮者という航行組織上の地位と海上企業主体の代理人という企業取引組織上の地位の二面性を有する[1]

服制は、上着の 袖章または肩章の四条の線をもって船長の職位を表すことが多い。

船長の席は通常ブリッジの右寄りにある[2]が、航空母艦ではアイランド(ブリッジ等の構造物)を右舷に寄せた設計となっているため、飛行甲板が見渡せる左側に寄せている。

他の言語で
العربية: قبطان
azərbaycanca: Gəmi kapitanı
български: Капитан на кораб
čeština: Kapitán lodi
Deutsch: Kapitän
English: Sea captain
Esperanto: Ŝipestro
فارسی: ناخدا
עברית: רב-חובל
Bahasa Indonesia: Nakhoda
한국어: 선장
lietuvių: Laivo kapitonas
Bahasa Melayu: Nakhoda
Nederlands: Kapitein (schip)
norsk nynorsk: Sjøkaptein
Simple English: Sea captain
svenska: Sjökapten
українська: Капітан судна
中文: 船長
粵語: 船主