自転車泥棒 (映画)

自転車泥棒
Ladri di biciclette
Ladri-biciclette.jpg
監督ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本オレステ・ビアンコリイタリア語版
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
ヴィットリオ・デ・シーカ
アドルフォ・フランチイタリア語版
ゲラルド・ゲラルディイタリア語版
ジェラルド・グエリエリイタリア語版
チェーザレ・ザヴァッティーニ
原案チェーザレ・ザヴァッティーニ(脚色、翻案)
原作ルイジ・バルトリーニ
製作ヴィットリオ・デ・シーカ
ジュゼッペ・アマト
出演者ランベルト・マジョラーニ
音楽アレッサンドロ・チコニーニ
撮影カルロ・モンテュオリ
編集エラルド・ラ・ローマ
製作会社Produzioni De Sica
配給イタリアの旗 Ente Nazionale Industrie Cinematografiche (ENIC)
日本の旗 イタリフィルム/松竹
公開イタリアの旗 1948年11月24日
フランスの旗 1949年8月26日
アメリカ合衆国の旗 1949年12月12日
日本の旗 1950年9月8日
上映時間93分
製作国イタリアの旗 イタリア
言語イタリア語
テンプレートを表示

自転車泥棒』(じてんしゃどろぼう、原題: Ladri di Biciclette, 英題: The Bicycle Thief)は、1948年公開のイタリア映画である。監督はヴィットリオ・デ・シーカモノクロスタンダード、93分。

第二次世界大戦後のイタリアで作られたネオレアリズモ映画の1本で、ロベルト・ロッセリーニの『無防備都市』、ルキノ・ヴィスコンティの『揺れる大地』と並ぶネオレアリズモ映画の代表作である。役所の広告貼りの仕事を得た失業労働者が、仕事に必要な自転車を盗まれてしまい、息子とローマの街を歩き回って自転車を探す物語。職業俳優を使わず素人を起用しており、父親役のランベルト・マジョラーニは失業した電気工、子役のエンツォ・スタヨーラは監督が街で見つけ出した子供である。また、ほぼ全編でロケーション撮影を行い、ドキュメンタリー的撮影手法を用いて戦後の貧困にあえぐイタリア社会をリアルに映し出している。第22回アカデミー賞名誉賞を受賞。

他の言語で
čeština: Zloději kol
dansk: Cykeltyven
Deutsch: Fahrraddiebe
Bahasa Indonesia: Pencuri Sepeda
Lëtzebuergesch: Ladri di biciclette
Bahasa Melayu: Filem Bicycle Thieves
srpskohrvatski / српскохрватски: Kradljivci bicikla
svenska: Cykeltjuven