自然の芸術的形態

『自然の芸術的形態』
Kunstformen der Natur
1904年版の表紙
1904年版の表紙
著者エルンスト・ヘッケル
言語ドイツ語
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
8ページ目の「Discomedusaeクラゲの一種)」。中央の二匹(Desmonema annasethe)の流れる触手が、ヘッケルの後妻の長い髪を思わせる(本文参照)。

『自然の芸術的形態』[1]ドイツ語: Kunstformen der Natur、英名“Art Forms of Nature”、邦訳『生物の驚異的な形』他)は、ドイツ生物学エルンスト・ヘッケルが著した本である。彼が描いた様々な生物のスケッチが収められている。印刷はリトグラフ及びオートタイプ法による。

概要

元々は1899年1904年にかけて出版された10冊組の本で、1904年に全100枚の絵を収めた完全版が出版された。中に収められた生物の大部分は、ヘッケルによって初めて描かれたものである。ヘッケルのスケッチや水彩を版画に起こしたのは、版画家の Adolf Giltsch であった。彼はヘッケルの下絵に基づいて1000枚を超える版を作成し、本書のために出来の良いものを選りすぐった。