聖遺物

パリの聖セヴラン教会(fr)が所蔵する聖ウルスラの聖遺物。
ディジョンの宗教芸術美術館所蔵の聖ベニーニュの聖遺物。
フランスのティーレンバッハ小修道院の聖母聖堂所蔵の聖遺物。
ブリュージュの救世主教会 (en) の聖血。

聖遺物(せいいぶつ、: Reliquiae)は、キリスト教教派カトリック教会において、イエス・キリストや聖母マリアの遺品、キリストの受難にかかわるもの、また諸聖人の遺骸や遺品をいう。これらの品物は大切に保管され、日々の祭儀で用いられてきた。聖遺物のうち聖人の遺骸については、正教会での不朽体に相当する。古代から中世において、盛んに崇敬の対象となった。

初期の信仰

聖人崇敬は2世紀半ば頃にローマ帝国におけるキリスト教の迫害で命を落とした殉教者の遺体を信徒が手厚く葬ってその生涯と徳をたたえ、信仰生活の模範として仰いだことに始まる。信徒たちは聖人の命日に墓に集まり儀式を執り行った。やがて殉教者の遺体を中心に聖堂が建立されるようになった。4世紀にキリスト教がローマ帝国の国教となってのち、殉教者や神意にかなった生き方を貫いたとみなされる聖職者や信徒に、死後「聖人」の称号が与えられるようになった。そして聖人とその遺物に加護と神への取り次ぎを求める様々な宗教実践が形成されていった。これには日々の願掛け、治癒の奇跡などが含まれる。

他の言語で
aragonés: Reliquia
العربية: ذخيرة (دين)
беларуская: Мошчы
български: Мощи
català: Relíquia
čeština: Relikvie
Чӑвашла: Çĕрмен ӳт
dansk: Relikvie
Deutsch: Reliquie
English: Relic
Esperanto: Relikvo
español: Reliquia
eesti: Reliikvia
euskara: Erlikia
français: Relique
Frysk: Relikwy
हिन्दी: अवशेष
hrvatski: Relikvija
magyar: Ereklye
Հայերեն: Մասունք
Bahasa Indonesia: Relikui
íslenska: Helgur dómur
italiano: Reliquia
Basa Jawa: Rélik
Lëtzebuergesch: Reliquie
Limburgs: Reliek
lumbaart: Reliquia
lietuvių: Relikvija
Nederlands: Relikwie
norsk nynorsk: Relikvie
norsk: Relikvie
polski: Relikwie
português: Relíquia
română: Moaște
русский: Мощи
srpskohrvatski / српскохрватски: Relikvija
Simple English: Relic
slovenčina: Relikvia
slovenščina: Relikvija
српски / srpski: Мошти
svenska: Relik
Kiswahili: Masalia
ไทย: เรลิก
українська: Мощі
Winaray: Relikya
中文: 圣髑