聖典

聖典(せいてん)とは、や神的存在、聖人の言行が書かれたもの、または教説がつづられたものの内、それぞれの宗教内で、特に権威ある書物をいう。教典啓典ともいう。仏教においては、特に「仏典」(仏教典籍)と呼び、神道においては「神典」(しんてん)と呼ぶ。

概要

聖典のあり方は、宗教ごと各聖典ごとに様々である。

世界で最も多くの信者を抱える「アブラハムの宗教」すなわちユダヤ教キリスト教イスラム教にあっては、テキスト(聖書コーラン)がその宗教内の中心部に位置し、常に読まれ、朗読され、聞かれ、事あるごとに引用され、その一字一句を巡って討論される。[1] 聖典が特に重視されているということから「聖典宗教」という呼称も存在する。

仏教においても、一般に、出家した者が(あるいは在家の者も)その全部あるいは一部を日々唱える経典がある[2]。だが詳細に見てゆくと、アブラハムの宗教の聖典と仏教のそれとでは、接し方や扱い方が随分と異なっている点がある。

他の宗教の大多数も、何らかのテキストを持っているものがほとんどである。その中で、何らかの重要な役割を果たしているものについては「聖典」と呼べよう。だが、宗教によっては、テキストがせいぜい儀式や教えについての備忘録やといった程度のもので、宗教的共同体にとって重要な役割を果たしていないこともある。そのようなものは「聖典」には当てはまらないと考えるほうが適切である。

なお、聖典の書き手に関しても、聖人自身、聖人の言葉を聴いた弟子個人、弟子たちの集団・教団、民族の長い歴史の中で書きつがれ編纂されたもの、あるいは神自身とされるものまであり、多様である。よって詳細については各聖典の項目を参照されたい。

他の言語で
Afrikaans: Heilige skrifte
aragonés: Libro sagrato
العربية: نصوص مقدسة
azərbaycanca: Müqəddəs Kitab
català: Text sagrat
čeština: Svatá kniha
Cymraeg: Ysgrythur
Esperanto: Sanktaj libroj
español: Libro sagrado
français: Texte sacré
עברית: כתבי קודש
हिन्दी: धर्म ग्रंथ
Bahasa Indonesia: Kitab suci
italiano: Testo sacro
Basa Jawa: Kitab
한국어: 경전
Latina: Liber sacer
lietuvių: Šventraštis
Basa Banyumasan: Kitab suci
Bahasa Melayu: Teks keagamaan
Nederlands: Heilig boek
Piemontèis: Test sacrà
português: Livro sagrado
sicilianu: Testi sacri
srpskohrvatski / српскохрватски: Sveti spisi
Simple English: Scripture
slovenčina: Svätá kniha
slovenščina: Verska literatura
српски / srpski: Свети списи
svenska: Helig skrift
Türkçe: Kutsal metin
українська: Святі писання
walon: Sint live
中文: 宗教經典