聖パトリック大隊

聖パトリック大隊の旗
聖パトリック大隊の旗

聖パトリック大隊(せいぱとりっくだいたい、: Saint Patrick's Battalion西: Batallón de San Patricio)、またはサン・パトリシオス(San Patricios)は、数百人のアイルランド人ドイツスイススコットランド人、そしてその他のカトリック教徒のヨーロッパ人で構成された軍部隊である。全体の40%がアイルランド人のカトリック教徒であった[1]。彼らは1846年から1848年までの米墨戦争で、アメリカ合衆国から逃れて、メキシコ軍の一部としてアメリカ合衆国と戦った。

歴史的視点

米墨戦争を戦った世代のアメリカ人にとって、「サン・パトリシオス」とは裏切り者、売国奴と考えられる[2]。しかし、同世代そして次の世代のメキシコ人にとっては、サン・パトリシオスは、支援を必要としていたカトリック教徒を救おうとした英雄であった[3][4]

ある歴史家は、聖パトリック大隊のメンバーをあまり幸せではなかった不平分子として特徴づけている。この特徴付けの下では、隊員たちは高い賃金と土地の贈与をあてにメキシコ側についたことになる[5]ウィリアマイト戦争の後の1691年10月3日に締結された リメリック条約への同意により、17世紀初頭、多くのアイルランドのジャコバイトの勢力がフランスへ出向いた(en:Flight of the Wild Geese)。これ以降、国外に居住するアイルランド人はカトリックの国の軍隊に務めるのが長い伝統となった。もっと最近の歴史では、南アメリカの独立戦争でもアイルランド人兵士が役割を果たしている。

これらの人々の大多数は、北東のアメリカ合衆国の港からやって来た移民であった。彼らは、当時大英帝国の植民地の一部であると考えられていたアイルランドでの、非常に不十分な経済状態から逃れてきた。聖パトリック大隊が活動していた期間は、アイルランドのジャガイモ飢饉とほぼ重なっている。アイルランド人や他の移民は、到着してまもない頃に直接兵役に募集された。少数の者は、南に行く途中、ザカリー・テイラー将軍によって、戦後の給料と土地の約束と共に徴兵された[6]。メキシコ人作家のホセ・ラウル・コンセコは、当時多くのアイルランド人が北テキサスに住んでいて、インディアンによる度重なる襲撃のため、やむを得ず南へ移動したと書いている。戦争の初期には、彼らは、現在のテキサス州ポートイザベル(en:Port Isabel, Texas)にあったセント・イザベルの砦と補給基地を攻撃するテイラーを助けた。

恐らく、メキシコ人もカトリック教徒であったことに気がついたか、またはメキシコとアイルランドの状況に似た部分を認めたことで、少なくとも理論的には、アイルランド人は侵入するアメリカ軍に反対したと言える[7]。しかしながら、放棄に関する他の動機の可能性については多くの説がある。他の軍人や上級士官の彼らに対する不当な扱い、日曜日へのミサへ出席させないなど彼らの宗教の慣習を自由に許さない、300エーカー以上の土地の提供というメキシコからの申し出、戦闘に勝利したアメリカ軍部隊の行為を目撃したこと、などが挙げられる。

とはいえ、第一の動機がメキシコとの共有された宗教と共感であったということは、大隊でのアイルランド系のカトリック教徒の数、 ジョン・ライリーの手紙、上級士官の戦場の配置、などに関する証拠に基づいて明確である[8]