経済学

この記事では経済学(けいざいがく、 : economics)について解説する。経済学の原語であるeconomicsという語彙は、 新古典派経済学者 アルフレッド・マーシャルの主著『経済学原理』( : Principles of Economics, 1890年)によって誕生・普及したとされる [1]

日本語で「経済学」と言った場合、economicsだけでなく 政治経済学: political economy)を指す場合もあるため、本記事ではこの「政治経済学」も併せて解説する。


概要

定義

広辞苑には、「 経済現象を研究する学問」とある [2]。(総じて 経済活動が研究の対象となっている。)

経済学の最も古い定義は、 アダム・スミスの『 諸国民の富の性質と原因の研究』(いわゆる『 国富論』)によるものである。

 政治家や議員にとっての科学分野と看做されている経済学は、2つの違ったものを提示する。ひとつは、 人々に豊富な 利益ないしは 製品を供給し、更には利益や必需品が人々に益を齎す(もたらす)ようにする 方法、または、そうした 収益を国ないしは社会に サービスとして提供し、結果として人々と 統治者を豊かにする 手立てである。
 政治家あるいは立法者の科学の一部門としてみた、政治経済学は二つの違った目標を目指している。第一に、人民に豊富な収入または生活資料を提供すること、もっと適切には、かれらが自分たちでそういう収入または生活資料を調達できるようにすること、そして第二に、国家または共同社会に、公共の業務に十分な収入を、供給することである [3]—  河出書房新社版訳


また、1878年頃、 フリードリヒ・エンゲルスは、経済学について次のように述べた。

 経済学は、最も広い意味では、人間社会における物質的な 生活資料の 生産交換とを支配する諸 法則についての 科学である。経済学は、本質上一つの 歴史的科学である。それは、歴史的な素材、すなわち、たえず 変化してゆく素材を取り扱う。 [4] —  フリードリヒ・エンゲルス「反デューリング論」第二篇  岩波書店

さらに、エンゲルスの盟友であり、マルクス経済学を確立した カール・マルクスは、『 資本論』序言で次のように述べた。

問題なのは、資本主義的生産の自然諸法則そのものであり、鉄の 必然性をもって作用し、自己を貫徹するこれらの傾向である。 [5] —  カール・マルクス資本論岩波書店

その後、経済学の定義について、 ライオネル・ロビンズ1932年に『経済学の本質と意義』で最初に問題提起した。

他の用途を持つ 希少性ある経済 資源目的について 人間行動を研究する科学が、経済学である [6]—  ライオネル・ロビンズ、小峯敦・大槻忠志 共訳「経済学の本質と意義」 京都大学 学術出版会

しかし、こうした定義には ジョン・メイナード・ケインズロナルド・コースらからの批判もある。経済問題は性質上、 価値判断道徳心理といった概念と分離する事は不可能であり、経済学は本質的に価値判断を伴う 倫理学であって、 科学ではないというものである [7] [8]

一方で、とりわけ ゲーム理論の経済学への浸透を受けて、経済学の定義は変化しつつある。たとえば、ノーベル賞受賞者 ロジャー・マイヤーソンは、今日の経済学者は自らの研究分野を以前より広く、全ての社会的な 制度における個人の インセンティブ分析と定義できる、と述べた(1999年) [9]。 このように現在では、 資本主義貨幣経済における人や組織の 行動研究するものが中心となっている。広義においては、 交換取引贈与負債など必ずしも 貨幣を媒介としない、 価値をめぐる人間関係や社会の諸側面を研究する。このような分野は、 人類学経済人類学)、 社会学交換理論)、 政治学公共選択論合理的選択理論)、 心理学行動経済学)と隣接する 学際領域である。

また、「このようにゲーム理論を軸として経済主体の行動を研究する分野は、 クリアストリームユーロクリアに夥しい匿名口座が存在するという、行動として非合理的な、しかし実体経済にとりクリティカルな問題に答えることができない。」という意見もある。
しかし、これは既に証明されている『ゼロ和2人ゲームからゼロ和n人ゲームへの拡張の中で、質的に新たなることとして、結託が可能になる。 (第2の拡張) 』『ゼロ和n人ゲームから変動和n人ゲームへの拡張の中で、n+1番目のプレイヤーは、n人の実質的なプレイヤーの総体によって勝ち取られる利得総量を失う者と仮定された架空のプレイヤーと考えられた。(第3の拡張)』を具体的な事象として記述しただけで有り、解決済みの問題である [10]

また、 労働貨幣贈与などはしばしば 哲学思想的考察の対象となっている。ただし、経済システムの働きに深く関わる部分については 経済思想と呼ばれ、経済学の一分野として考えられることも多い [11]

他の言語で
Afrikaans: Ekonomie
አማርኛ: ሥነ ንዋይ
aragonés: Economía
العربية: اقتصاد (علم)
অসমীয়া: অৰ্থনীতি
asturianu: Economía
azərbaycanca: İqtisadi nəzəriyyə
башҡортса: Иҡтисад (фән)
žemaitėška: Akuonuomėka
беларуская: Эканоміка
беларуская (тарашкевіца)‎: Эканоміка
Bahasa Banjar: Ikunumi
bamanankan: Nafasorosira
বাংলা: অর্থনীতি
brezhoneg: Armerzh
bosanski: Ekonomija
буряад: Эдэй засаг
Cebuano: Ekonomiks
Chamoru: Ekonomia
corsu: Ecunumia
čeština: Ekonomie
kaszëbsczi: Ekònomijô
Чӑвашла: Экономика
Cymraeg: Economeg
Thuɔŋjäŋ: Piöcmääcëkäŋ
Zazaki: İqtısad
Ελληνικά: Οικονομικά
English: Economics
Esperanto: Ekonomiko
español: Economía
euskara: Ekonomia
estremeñu: Economia
føroyskt: Búskapur
furlan: Economie
Frysk: Ekonomy
Gaeilge: Eacnamaíocht
贛語: 經濟學
Gàidhlig: Eaconomachd
galego: Economía
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: अर्थशास्त्र
Gaelg: Tarmaynys
客家語/Hak-kâ-ngî: Kîn-chi-ho̍k
עברית: כלכלה
Fiji Hindi: Arthsaastr
hrvatski: Ekonomija
Kreyòl ayisyen: Ekonomi
interlingua: Economia
Bahasa Indonesia: Ilmu ekonomi
Interlingue: Economie
Ilokano: Ekonomika
íslenska: Hagfræði
Patois: Ikanamix
la .lojban.: dinske
Basa Jawa: Ékonomi
ქართული: ეკონომიკა
Qaraqalpaqsha: Ekonomika
ភាសាខ្មែរ: សេដ្ឋកិច្ច
한국어: 경제학
Kurdî: Aborî
Кыргызча: Экономика
Latina: Oeconomica
Ladino: Ekonomiya
Lëtzebuergesch: Ekonomie
Limburgs: Economie
Ligure: Economìa
lietuvių: Ekonomika
latviešu: Ekonomika
Basa Banyumasan: Ekonomi
Malagasy: Toe-karena
македонски: Економија
Bahasa Melayu: Ekonomi
Mirandés: Eiquenomie
မြန်မာဘာသာ: ဘောဂဗေဒ
Nedersaksies: Ekonomie
नेपाल भाषा: अर्थशास्त्र
Nederlands: Economie
norsk nynorsk: Samfunnsøkonomi
Novial: Ekonomike
Nouormand: Êcononmie
Sesotho sa Leboa: Thutothuo
occitan: Economia
Oromoo: Dinagdee
ਪੰਜਾਬੀ: ਅਰਥਸ਼ਾਸਤਰ
polski: Ekonomia
Piemontèis: Conomìa
پنجابی: اکنامکس
português: Economia
Runa Simi: Musiku
română: Economie
русиньскый: Економіка
саха тыла: Экономика
sardu: Economia
sicilianu: Ecunumìa
Scots: Economics
srpskohrvatski / српскохрватски: Ekonomija
Simple English: Economics
slovenčina: Ekonómia
slovenščina: Ekonomija
Gagana Samoa: Economics
chiShona: Ronzanzanga
Soomaaliga: Dhaqaale
shqip: Ekonomia
српски / srpski: Економија
Seeltersk: Wirtskup
Basa Sunda: Ékonomi
Kiswahili: Somo la Uchumi
тоҷикӣ: Иқтисод
Tagalog: Ekonomika
Tok Pisin: Ikonimikis
татарча/tatarça: Икътисад (фән)
ئۇيغۇرچە / Uyghurche: ئىقتىسادشۇناسلىق
українська: Економіка
اردو: معاشیات
oʻzbekcha/ўзбекча: Iqtisodiyot
vèneto: Economia
Tiếng Việt: Kinh tế học
Volapük: Konömav
Wolof: Koom-koom
吴语: 經濟學
მარგალური: ეკონომიკა
ייִדיש: עקאנאמיק
Zeêuws: Economie
中文: 经济学
文言: 計學
Bân-lâm-gú: Keng-chè-ha̍k
粵語: 經濟學