第59回カンヌ国際映画祭

第59回カンヌ国際映画祭は、2006年5月17日から28日にかけて開催された。

コンペティション部門には20本の作品が出品され、ケン・ローチ監督の『麦の穂をゆらす風』がパルム・ドールを受賞した。ローチ監督は13回目の出品で初の最高賞受賞となった。下馬評では有力と言われた『バベル』と『ボルベール〈帰郷〉』はそれぞれ監督賞と女優賞・脚本賞を受賞するに留まった。

審査員長はウォン・カーウァイが務め、オープニング上映作品はロン・ハワード監督の『ダ・ヴィンチ・コード』、クロージング上映作品はトニー・ガトリフ監督の『トランシルヴァニア』がそれぞれ上映された。

日本からは西川美和監督の『ゆれる』が監督週間の長編部門へ出品、中野裕之監督の『アイロン』が批評家週間の短編映画部門へ出品され、後者がヤング批評家賞を受賞した。

昨年に続き、ムービープラスで開会式と授賞式の模様が生中継された。また、WOWOWでも後日映画祭の模様が放送された。

受賞結果