第1降下装甲師団

第1降下装甲師団
Hermann Goering Division Logo.svg
第1降下装甲師団 ヘルマン・ゲーリングの師団章
創設1933年2月24日
廃止1945年5月8日
所属政体ナチス・ドイツ
所属組織ドイツ空軍
部隊編制単位師団
兵種/任務/特性装甲
愛称ヘルマン・ゲーリング
主な戦歴第二次世界大戦
(北アフリカ戦線)
(ハスキー作戦)
(イタリア戦線 (第二次世界大戦))
(東部戦線)
(バルト海攻勢)
(ヴィスワ=オーデル攻勢)
テンプレートを表示

第1降下装甲師団ヘルマン・ゲーリング(だいいちこうかそうこうしだん ヘルマン・ゲーリング、Fallschirm-Panzer-Division 1. Hermann Göring - 略して Fallschirm-Panzer-Div 1 HG)は、ドイツ空軍のエリート装甲師団である。HG北アフリカシチリア島イタリア本土東部戦線で戦った。この部隊は帝国元帥ヘルマン・ゲーリングによって創られ戦争期間中に大隊Abteilung)から装甲軍団規模まで拡充した。

創設と初期の歴史

1933年アドルフ・ヒトラー国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP)はドイツの権力を掌握し、第一次世界大戦時のエース・パイロットのヘルマン・ゲーリングはプロイセン内務大臣に任命された。この立場により全てのプロイセン警察組織はゲーリングの支配下に入った。

1933年2月24日にNSDAP体制に忠誠を誓う警察部隊の創設を意図してゲーリングはヴェッケ特殊任務警察大隊Polizeiabteilung z.b.V. Wecke)の創設を承認した。この部隊の名称は第一次世界大戦の退役軍人、初期のNSDAP党員で部隊指揮官の ヴァルター・ヴェッケ(de:Walther Wecke)警察少佐Major der Schutzpolizei)に因んでつけられた。大隊はベルリンクロイツベルク近郊に基地を構え、早々に非情で野蛮なナチスの実行部隊であるという評判を築き始めた。ゲーリングの秘密警察 ゲシュタポとの共同活動でこの部隊は多くの強襲を共産主義者社会民主主義者に対し行い、多数のナチスに対立する者達の捕縛や逮捕を担当した。

1933年6月にゲーリングは大隊を拡充し部隊の指揮権をベルリン警察から新たに再編された州警察に移譲した。それに応じて部隊名称もヴェッケ特殊任務州警察団Landespolizeigruppe Wecke z.b.V.)に改称された。

1934年1月にヒトラーとハインリヒ・ヒムラーの圧力によりゲーリングはゲシュタポの指揮権をヒムラーの親衛隊に譲った。残りの部隊の地位強化のためゲーリングは部隊を拡充し、全ての要員は軍事訓練課程を修めなければならないという内規を作成した。再編された部隊はゲネラル・ゲーリング州警察団Landespolizeigruppe General Göring)と呼ばれた。エルンスト・レーム突撃隊(SA)がNADAPの主導権を要求したときにヒトラーはゲーリングのヴェッケ特殊任務州警察団とヒムラーのライプシュタンダーテ SS アドルフ・ヒトラー(Leibstandarte SS Adolf Hitler)に行動に出るように命令を発した。長いナイフの夜の期間中にヴェッケ特殊任務州警察団とライプシュタンダーテは多数の主要なSA指導者を処刑し、NSDAPの脅威となる組織を排除した。

他の言語で