立憲主義

立憲主義(りっけんしゅぎ、: Constitutionalism)とは、政府の統治を憲法に基づき行う原理で、政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれていることに依拠するという考え方[1]。「法に脚する」という意味合いである[2]。なお、立憲主義を前提とした民主主義立憲民主主義と呼ぶ[2]

他の言語で