空軍

アメリカ空軍の B-2 戦略爆撃機

空軍(くうぐん、 : Air force)とは、 航空機を主な装備とし 航空作戦・航空戦を遂行する 軍隊の一種。

航空機の発達によって 第一次世界大戦に登場して各国軍部に高く評価され、 第二次世界大戦以後は 陸軍海軍と並ぶ主要な 軍種となっている。

概要

空軍とは 航空作戦の遂行を任務とする軍隊の一種である。 ライト兄弟が飛行実験を成功させて以来、人間は航空機を使用して地表面を離れ、空中を機動する事が可能となった。 航空との意義とは、陸地や海上の地理的な制約をほとんど受けずに 地球上の全ての地点に到達できる事である。アメリカにおいて航空戦略思想を啓蒙した軍人 ウィリアム・ミッチェルは、航空機の登場が戦争に決定的な影響を及ぼすことを強調している。前線から遠く離れた後方に攻撃目標が存在していても、それが上空から確認される限りは航空攻撃が可能なためである。具体的には、前線から最も離れた政経中枢の首都、 港湾空港、重要な幹線 道路などの任意の目標が破壊される可能性が出現したのである。開戦に伴う危険が高まるため、開戦は可能な限り回避され、また開戦した場合も極めて短期間で勝敗が決定するものと推測できる。この主張は即座に陸海軍の存在意義が消失したことを意味しないが、陸海軍にはない決定的な任務を備えた軍種として空軍の重大性を確立するものである。

空軍の戦略的威力について、1893年に開かれた世界コロンビア博覧会の軍事会議で、イギリスの軍人フラートンは 海戦の遂行にも空の支配が必要であり、戦争の勝利は航空隊が敵の首都上空へ到着することで決定されると主張した。このような空軍の重要性に関する主張はイタリアの軍人 ジュリオ・ドゥーエによって体系化されることになる。 第一次世界大戦で陸海軍が航空機を航空偵察や支援戦闘、対航空戦のために運用するようになると、ドゥーエは戦略爆撃の効果と独立空軍の創設を『 制空』で論じるようになる。ドゥーエが展開した理論の中核にある概念は 制空権(航空優勢)である。制空権とはある空域において排他的に航空を管制する状態である。これを確保するためには敵の 航空機を空域から空中戦によって排除し、さらに敵の航空基地に対して攻撃を加えなければならない。この制空権を確立する作戦を行うためには、戦闘部隊や爆撃部隊などから構成される独立空軍が編制されなければならないとドゥーエは考える。もし独立空軍がなければ陸軍や海軍が健在であっても敵による政経中枢への 戦略爆撃を許し、 戦争に敗北することを余儀なくされると空軍の重要性を強調した。つまり戦争における空軍の戦略的な役割は航空偵察や陸海軍の部隊に対する支援戦闘に始まり、後に制空権の確立と戦略爆撃の実施へと変化していった。ミッチェルは『 空軍による防衛』においてドゥーエと同様に独立空軍の設置を主張するが、同時に軍事航空だけではなく国家の全般的な航空能力を エアパワーと定義し、民間の航空産業を保護することも主張している。これは優れた空軍を維持するためには航空機や 飛行場を維持するだけでなく、愛国的で卓越した技量を持つ航空要員と工業生産力が不可欠であるという考えに基づいており、現代の航空戦略の概念として受け入れられている。

空軍の作戦能力は航空機によって構成されている。航空機は一般に機関により推進力を、主翼により 揚力を得て空中を飛行する能力を持つ交通手段である。航空機は1903年12月17日に ライト兄弟がアメリカで ライトフライヤー号の飛行実験を成功させた時には、木材で骨格が作られたものであり、 ガソリンエンジンを動力として プロペラで推進する簡単な 複葉機の構造を持っていた。しかし第一次世界大戦で運動性や武装などが改良され、 偵察機戦闘機攻撃機爆撃機という 軍用機の基本的な機種が成立する。この大戦を通じてドイツ軍の空襲を受けたイギリスは 1918年に世界で初めての独立空軍である イギリス空軍を編制している。 第二次世界大戦では金属素材の 単葉機が登場し、航続距離、運動性、兵装が改善されただけでなく、ドイツ軍で開発された 電撃戦において航空部隊は近接航空支援で敵前線に戦車が突撃を加える突破口を形成する役割を担った。一方のイギリス空軍でもドイツ空軍に対する近代的な防空システムを構築して本土への攻撃を退けた。またアメリカでもセヴァルスキーによる『 空軍力による勝利』で 戦略爆撃機とそれを護衛する戦闘機の生産を拡大が推進された。工学者 ロバート・ゴダードはロケット工学の研究で ジェット機ミサイルの基礎技術を導入している。戦後間もない1947年に新設された アメリカ空軍では 核兵器を運用するための戦略爆撃の能力を拡大し、長距離航空を支援するための 空中給油機が導入されるようになる。 空中給油を実施することでより幅広い地域にわたって航空戦力を展開することが可能となる。空軍の意義は冷戦後の 湾岸戦争でも高く評価され、多国籍軍による 精密誘導兵器を用いた戦略爆撃はイラク軍の戦闘能力を低下させることに成功した。

他の言語で
Afrikaans: Lugmag
aragonés: Fuerza aeria
العربية: سلاح الجو
asturianu: Fuerza aéreo
žemaitėška: Uora pajiegas
беларуская (тарашкевіца)‎: Вайскова-паветраныя сілы
brezhoneg: Aerlu
bosanski: Ratna avijacija
čeština: Letectvo
Cymraeg: Awyrlu
dansk: Luftvåben
English: Air force
Esperanto: Aerarmeo
español: Fuerza aérea
eesti: Õhuvägi
suomi: Ilmavoimat
Frysk: Loftmacht
Gaeilge: Aerfhórsa
galego: Forza Aérea
עברית: חיל אוויר
हिन्दी: वायुसेना
Bahasa Indonesia: Angkatan udara
íslenska: Flugher
Basa Jawa: Wadya anggegana
한국어: 공군
latviešu: Gaisa spēki
മലയാളം: വ്യോമസേന
Bahasa Melayu: Tentera udara
မြန်မာဘာသာ: လေတပ်
Nederlands: Luchtmacht
norsk nynorsk: Flyvåpen
norsk: Flyvåpen
português: Força aérea
Scots: Airforce
srpskohrvatski / српскохрватски: Ratna avijacija
Simple English: Air force
slovenščina: Vojno letalstvo
Soomaaliga: Ciidanka Cirka
svenska: Flygvapen
Kiswahili: Jeshi la anga
தமிழ்: வான்படை
Türkçe: Hava kuvvetleri
українська: Повітряні сили
Tiếng Việt: Không quân
吴语: 空军
中文: 空军
文言: 空師
Bân-lâm-gú: Khong-kun
粵語: 空軍