空冷エンジン

空冷エンジン(くうれいエンジン)は、その冷却をもっぱら空冷によって行っているエンジン(発動機)。

分類

いくつかの分類があるが、ここでは自然空冷と強制空冷という分類について述べる。

自然空冷式エンジンのオートバイ(ホンダ・CB400SS
  • 自然空冷式 シリンダー外部に取り付けられた冷却フィンに外気があたることによって冷却される。構造を軽量・簡易化できることから、オートバイの一部など、発熱を走行風による冷却のみで発散可能と想定される場合など、そもそもの前提としてヴィークル等のエンジンに関してもっぱら分類として考慮されるものである。カウリング等のカバーで覆われていない(ネイキッド)オートバイに古くから利用されている。
強制空冷式エンジンのオートバイ(スズキ・レッツ4)
  • 強制空冷式 エンジン動力で冷却ファンを常時駆動し、外気をエンジンの冷却フィンに当てることで冷却効率を高める方式。多くの場合、エンジンのシリンダー・ヘッド周囲の冷却フィン周りを導風板(シュラウド)で包み、ここに送風ファンで外気を押し込むか、排気ファンで過熱した空気を吸い出すことで、強制的に冷却する。自然空冷式よりも構造複雑となるが、エンジン回転中である限り常に強制冷却が行われる長所がある。自然空冷にするともっぱら自然風と対流頼みとなってしまうような、農業動力・携帯発電機その他多種の定置エンジンでもこちらの方式とする。ヴィークル類でも、エンジンルームの通風があまり良くないとか、乗用車が一般道を走る場合のように、頻繁に移動が止まるといったような要素が考慮される。かつての多くの自動車や(その後自動車はほぼ全て水冷化された)、現在では原付スクーター等に利用されている。強制空冷の強化によって水冷が遅かった自動車の例としては、ポルシェ911シリーズなどは車体後部に空冷エンジンを載せ、大きな軸流ファンで強制的に冷却した。また日本国内の1970年代前半以前の軽自動車には、2ストロークの強制空冷式エンジンを載せているモデルが少なくなかったが、これらはスクーター等と同様に、シロッコファンを用いる事例が多かった。