科学的方法

科学的方法(かがくてきほうほう、英語:scientific method)、科学的手法科学的検証などと呼ばれているものについて解説する。科学のための方法である。科学的方法は、問題の発見、仮説の設定、それを測る手段、材料、実験による観察・データなどの結果、分析、結論からなる[1]アメリカ科学振興協会による1989年の『すべてのアメリカ人のための科学』によれば、科学的方法の特徴として論証と調査の過程があり、科学的学問の共通事項として証拠に立脚して仮説と理論を用いており、用いられる論理も似通っているが、相違点には実験対象だけでなく歴史データを用いるか実験を用いるか、また取り組む姿勢や、それぞれがどの仮説を重視しているかといった部分がある[2]。適切な証拠から適切な推論を経て明確な結論に至る[3]

対象を実験によって測定するには、適切な測定手段が必要である。検出装置であったり、定量化の仕方であったり、統計的な設計であったり正しく測定できることが必要である。その結果が再現できること再現性も必要とされてきたが、現代では統計学が援用され再現できる程度を導き出すようになり、統計的な有意差があるかを判定することも目的となりうる。

目次

他の言語で
беларуская: Навуковы метад
беларуская (тарашкевіца)‎: Навуковы мэтад
български: Научен метод
bosanski: Naučna metoda
čeština: Vědecká metoda
Esperanto: Scienca metodo
فارسی: روش علمی
հայերեն: Մեթոդ
interlingua: Methodo scientific
Bahasa Indonesia: Metode ilmiah
Interlingue: Method scientific
Basa Jawa: Métodhe èlmiah
қазақша: Ғылыми әдіс
한국어: 과학적 방법
македонски: Научен метод
Bahasa Melayu: Kaedah saintifik
नेपाल भाषा: वैज्ञानिक तवः
norsk nynorsk: Vitskapleg metode
Norfuk / Pitkern: Saientifik methud
srpskohrvatski / српскохрватски: Naučna metoda
Simple English: Scientific method
slovenčina: Vedecká metóda
slovenščina: Znanstvena metoda
српски / srpski: Naučna metoda
українська: Науковий метод
中文: 科学方法
粵語: 科學方法