相対主義

相対主義(そうたいしゅぎ、: relativism: Relativismus: relativisme)とは、経験ないし文化の構成要素やそれに対する物の見方が、その他の複数の要素や見方と相対的関係(is relative to)すなわち依存関係(is dependent on)にあるという考え方である。ある相対主義者[誰?]の主張によれば、人間は、感覚などの認識上のバイアス言語などの記号上のバイアスまたはその他の人々と共有する文化バイアスのせいで、信念や振舞を自己の歴史的・文化的文脈においてしか理解できない。つまり、相対主義の主張とは、ある要素は特定のフレームワークないし観点との相対的関係においてしか実在せず、そのフレームワークや立場は全ての人々において異なるという考え方である。反対に、歴史的・文化的文脈に依存せず、どのような観点から見ても必ずであるかあるいは正しい命題というものがあるという考え方は、絶対主義と呼ばれる。物の見方一般についてではなく、特定の主題について相対主義を主張する場合には、例えば文化相対主義のように特別な名前が付せられていることもある。

他の言語で
العربية: نسبوية
asturianu: Relativismu
български: Релативизъм
català: Relativisme
čeština: Relativismus
Deutsch: Relativismus
Ελληνικά: Σχετικισμός
English: Relativism
Esperanto: Relativismo
español: Relativismo
eesti: Relativism
euskara: Erlatibismo
français: Relativisme
עברית: רלטיביזם
hrvatski: Relativizam
magyar: Relativizmus
Bahasa Indonesia: Relativisme
íslenska: Afstæðishyggja
italiano: Relativismo
қазақша: Релятивизм
한국어: 상대주의
Latina: Relativismus
lietuvių: Reliatyvizmas
Nederlands: Relativisme
polski: Relatywizm
português: Relativismo
română: Relativism
русский: Релятивизм
srpskohrvatski / српскохрватски: Relativizam
Simple English: Relativism
slovenčina: Relativizmus
српски / srpski: Релативизам
svenska: Relativism
Türkçe: Görecilik
українська: Релятивізм
中文: 相對主義
Bân-lâm-gú: Siong-tùi-chú-gī