皿ばね

皿ばね

皿ばね (さらばね) は、中心に穴の開いた円盤状の板を円錐状にし、底のないお皿のような形状にしたばねである[1]。英語では、disc spring、coned disc spring、Belleville spring などと呼ぶ[1]。英語名の"Belleville"(ベリビル)は、1865年に皿ばねの原理を発明したジュリアン・フランソワ・ベルビル (Julian Francois Belleville) に由来する[2]

他の言語で
Deutsch: Tellerfeder
français: Rondelle ressort
italiano: Molla a tazza
português: Arruela Belleville
Türkçe: Disk yay
中文: 碟型墊片