皇帝ティートの慈悲

皇帝ティートの慈悲』(こうていティートのじひ、イタリア語La clemenza di TitoK.621は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオペラ・セリアイタリア語。日本語では『ティート帝の慈悲』とも訳される。1791年9月6日プラハで初演された。実在したローマ皇帝ティトゥス(ティートはイタリア語読み)を描く。台本は、メタスタージオによる原作をザクセン選帝侯国の宮廷詩人カテリーノ・マッツォーラが改作したものによる。『魔笛』とともに、モーツァルトの死の年に作られたオペラである。

他の言語で