皇帝ティートの慈悲

皇帝ティートの慈悲』(こうていティートのじひ、イタリア語La clemenza di TitoK.621は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオペラ・セリアイタリア語。日本語では『ティート帝の慈悲』とも訳される。1791年9月6日プラハで初演された。実在したローマ皇帝ティトゥス(ティートはイタリア語読み)を描く。台本は、メタスタージオによる原作をザクセン選帝侯国の宮廷詩人カテリーノ・マッツォーラが改作したものによる。『魔笛』とともに、モーツァルトの死の年に作られたオペラである。

作曲の経緯

このオペラは、神聖ローマ皇帝レオポルト2世がプラハで行うボヘミア王としての戴冠式1791年9月6日)で上演する演目として、ボヘミアの政府から作曲が依頼された。プラハの興行主 ドメーニコ・グァルダゾーニが依頼にあたった。メタスタージオによる台本は、1734年以来多くの作曲家によって作曲されてきたものである。この台本が指定されたのは、戴冠式の演目には「君主の慈悲」をテーマとしたオペラ・セリアがふさわしいとされたためであろう。オペラ台本としての適合性のため3幕だったオリジナルの台本をマッツォーラが2幕に短縮した。

19世紀の伝記作者ニーメチェクやニッセンによれば、モーツァルトはこの曲を18日間で書き上げたという。しかし現在では、モーツァルトは早い時期からマッツォーラと接触し、作曲を始めていたという説もある。1791年4月26日にプラハで開催されたコンサートの記録に「ロンドバセットホルン助奏付、モーツァルト氏作曲」があり、これが『皇帝ティートの慈悲』第2幕でヴィッテリアが歌うロンド(第23番)の元になっていると見られるためである。

ランドンは次の説を立てている[1]。グァルダゾーニは当初作曲をアントニオ・サリエリに依頼したが断られ、7月半ばにウィーンを訪れた際に台本の短縮をマッツォーラに依頼し、作曲をモーツァルトに依頼した。しかし、歌手の配役が決まっていなかったため、作曲はなかなか進まなかった。8月半ばにグァルダゾーニは歌手の詳細をモーツァルトに伝え、モーツァルトは『魔笛』の作曲を中断し、ほぼ伝記のとおりに曲の大部分を約18日間で書き上げた。レチタティーヴォ・セッコは弟子のジュースマイヤーが担当した。ケッヘル番号は「魔笛」より後で作曲が遅く開始されたのにもかかわらず、「魔笛」より前に作曲が完成した。

他の言語で