皇太子徳仁親王

皇太子徳仁親王
Crown Prince Naruhito (2018).jpg
2018年(平成30年)
続柄今上天皇第一皇男子
称号浩宮(ひろのみや)
全名徳仁
身位皇太子親王
敬称殿下
お印
出生(1960-02-23) 1960年2月23日(58歳)
日本の旗 日本 東京都千代田区皇居宮内庁病院
配偶者皇太子妃雅子(小和田雅子)
子女敬宮愛子内親王
父親今上天皇
母親皇后美智子
役職日本赤十字社名誉副総裁
国際連合「水と衛生に関する諮問委員会」名誉総裁
学習院大学史料館客員研究員
テンプレートを表示
皇太子
の称号
Japan Koutaisi(son) Flag.svg
敬称殿下
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

今上天皇
皇后 美智子





皇太子徳仁親王(こうたいし なるひとしんのう、1960年(昭和35年)2月23日 - )は、日本皇族今上天皇の第一皇男子。母は皇后美智子御称号浩宮(ひろのみや)。身位皇太子法定推定相続人)、親王皇室典範に定める敬称殿下お印(あずさ)。勲等大勲位学位人文科学修士学習院大学1988年(昭和63年)。その他、名誉学位称号として名誉法学博士ケンブリッジ大学)などがある。皇位継承順位第1位。

住居は東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある東宮御所

人物

1989年昭和64年・平成元年)に父・明仁親王(当時)の皇位継承に伴い事実上の皇太子(皇位継承順位第1位、法定推定相続人)となり、1991年(平成3年)には立太子の礼が執り行われた。皇太子となって以降、国会政府の用いる正式表記では皇太子を冠し「皇太子徳仁親王」とされる。

1993年(平成5年)に小和田雅子結婚の儀を挙げ、2001年(平成13年)に長女・敬宮愛子内親王をもうけた。

2005年(平成17年)に愛知県で開催された日本国際博覧会(愛知万博、通称「愛・地球博」)では、名誉総裁を務めた。

2007年(平成19年)より国際連合「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁に就任。英語での講演を、スペイントルコアメリカなどで開かれたフォーラムおよびシンポジウムで行っている[1]

1987年(昭和62年)より2016年(平成28年)現在まで、22回、今上天皇の海外訪問の期間または病気療養の期間、天皇から委任を受け国事行為臨時代行を務めている。2016年(平成28年)1月28日には、平成時代の臨時代行として初の閣僚に対する認証式を行った[2]

男性皇族としては珍しく、歴史学(主に交通史・流通史)を専門とする。またヴィオラ演奏・登山ジョギングを趣味とし、国民にもその姿をたびたび披露している[3][4]

他の言語で
العربية: ناروهيتو
asturianu: Naruhito
تۆرکجه: ناروهیتو
bosanski: Naruhito
čeština: Naruhito
Deutsch: Naruhito
Ελληνικά: Ναρουχίτο
Esperanto: Naruhito
español: Naruhito
eesti: Naruhito
فارسی: ناروهیتو
suomi: Naruhito
français: Naruhito
galego: Naruhito
hrvatski: Princ Naruhito
Bahasa Indonesia: Putra Mahkota Naruhito
italiano: Naruhito
ქართული: ნარუჰიტო
Latina: Naruhito
lietuvių: Naruhito
latviešu: Naruhito
Nederlands: Naruhito
norsk: Naruhito
polski: Naruhito
русский: Нарухито
srpskohrvatski / српскохрватски: Krunski princ Naruhito
svenska: Naruhito
Türkçe: Naruhito
татарча/tatarça: Нарухито
українська: Нарухіто
中文: 德仁親王
Bân-lâm-gú: Naruhito chhin-ông
粵語: 德仁