百日天下

フランス帝国
Empire français

1815年3月–7月
国旗国章
国歌
門出の歌
首都パリ
言語フランス語
政府立憲君主制
皇帝
 • 1815年ナポレオン1世
議会議会
 • 上院貴族院
 • 下院代議院
歴史・時代ナポレオン戦争
 • ナポレオンの入京1815年3月20日
 • 第七次対仏大同盟1815年3月25日
 • リニーで勝利1815年6月16日
 • ワーテルローで敗北1815年6月18日
 • ナポレオンの退位1815年6月22日
 • ルイ18世の復位1815年7月8日
通貨フランス・フラン
フランスの歴史
フランス国章
この記事はシリーズの一部です。
先史時代フランス語版
年表

フランス ポータル
· ·

百日天下(ひゃくにちてんか、: Cent-Jours, : Hundred Days)は、ひとたびヨーロッパ諸国との戦争に敗れてフランス皇帝から退位したナポレオン1世が、1815年3月1日に帰国して帝位を取り戻し大陸軍(グランダルメ)を再建した後に、ワーテルロー会戦に敗れて再びその地位を追われるまでの、およそ100日間[1][注 1]の一時的支配のことを言う。

またこの故事が転じて、百日天下は短期間の政権の喩えとしても使われる[1]

他の言語で
العربية: المئة يوم
asturianu: Cien Díes
беларуская: Сто дзён
български: Стоте дни
brezhoneg: Kant-Devezh
čeština: Sto dnů
English: Hundred Days
Esperanto: Cent-Tagoj
español: Cien Días
euskara: Ehun Egunak
français: Cent-Jours
עברית: מאה הימים
magyar: Száz nap
հայերեն: Հարյուր օր
Bahasa Indonesia: Seratus Hari
italiano: Cento giorni
ქართული: ასი დღე
한국어: 백일천하
मराठी: शंभर दिवस
Bahasa Melayu: Seratus Hari
Napulitano: Ciento juorne
русский: Сто дней
srpskohrvatski / српскохрватски: Sto dana
Simple English: Hundred Days
slovenčina: Sto dní
Türkçe: Yüz Gün
українська: Сто днів
中文: 百日王朝
粵語: 百日皇朝