白雪姫 (1937年の映画)

白雪姫
Snow White and the Seven Dwarfs
Walt Disney Snow white 1937 trailer screenshot (12).jpg
1937年製作のオリジナルの予告編で7人の各小人の紹介を行うウォルト・ディズニー
監督デイヴィッド・ハンド
ウィルフレッド・ジャクソン
ラリー・モリー
パース・ピアース
ベン・シャープスティーン
ウィリアム・コトレル
脚本テッド・シアーズ
オットー・イングランダー
アール・ハード
ドロシー・アン・ブランク
リチャード・クリードン
メリル・デ・マリス
ディック・リカード
ウェッブ・スミス
製作ウォルト・ディズニー
出演者アドリアナ・カセロッティ
音楽フランク・チャーチル
レイ・ハーライン
ポール・J・スミス
撮影ボブ・ブロートン
配給アメリカ合衆国の旗 RKO Radio Pictures
日本の旗 大映洋画部
公開アメリカ合衆国の旗 1937年12月21日
日本の旗 1950年9月26日
上映時間83分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
配給収入7323万円[1] 日本の旗
前作(本作がシリーズ第1作)
次作ピノキオ
テンプレートを表示
1937年製作のオリジナル予告編動画
有名なマーチ「ハイ・ホー英語版」を歌う小人達の動画
予告編の中の一場面

白雪姫』(しらゆきひめ、原題:Snow White and the Seven Dwarfs)は、1937年アメリカ映画で、世界初の長編アニメーション映画。監督はデイヴィッド・ハンド。原題は直訳すると「白雪姫と7人の小人たち」という意味になる。

1937年12月21日公開。日本での公開は1950年9月26日

概要

グリム兄弟による童話白雪姫』が原作。ディズニーの長編映画第1作目であり、世界初のカラー長編アニメーション映画。現在でもアニメ史に残る傑作として知られる。白雪姫、プリンス、女王が登場するシーンのアニメーションを作成する際にはロトスコープというフライシャー・スタジオから採り入れた手法が用いられた。これにより、より写実的な動きを表現することに成功している。また、マルチプレーン・カメラを使用することで3次元的な奥行きを表現し、更にテクニカラーによって色彩を施した[2]

莫大な労力と金額が費やされ、4年の歳月と170万ドル(当時の金額)の巨費を投じて制作された大作である。まだアニメといえば実写映画の合間に子供向けに上映される短編を指していた時代であり、成功を危ぶむ声も多く、「ディズニーの道楽」と言われていたが、ふたを開けてみれば6100万ドルの収益を上げる桁外れの大ヒットを記録した。

日本での公開は第二次世界大戦の影響もあり、西ドイツ(当時)と並んで1950年と各国に比べて遅い方だが、第二次世界大戦以前にこれ程までに質の高いアニメーションを制作していた事実と、制作を実現したアメリカの圧倒的国力に、公開当時に本作品を見た若者の多くが驚愕したという。特にディズニーアニメーションに多大な影響を受けたことで知られている手塚治虫は「本作を50回は見た」と回想している。

1993年にはデジタル処理で映像修復が施されたデジタル・ニュー・バージョンが公開され(日本での公開は1994年)、全米だけで興行収入4,000万ドル以上を記録するなど世界中で大ヒットした。これにより『風と共に去りぬ』の7900万ドルを抜いて、1930年代の映画で最も配給収入を上げた映画となった。

米国本公開時はRKOに映画配給を委託しており(ブエナ・ビスタ設立まで)、オープニングで「配給:R.K.O」というクレジットと、エンディングに「RKO RADIO PICTURES」の社名ロゴが背景の地紋に埋め込まれていたが、後のリバイバル上映時にRKOを省いたものに差し替えられた。このRKOが入った本来のオリジナル映像は、2001年版DVDに当該部分のカットが特典映像扱いで本編と別に収録された後、2009年版DVD/BDの本編映像に組み込まれ、本公開時のオリジナル版へ完全に復元された。

本作は作品中に著作権表記が有るものの公開時期が古く、リニュー(著作権更新手続き)が行われなかった事から、公開当時の米国の法律(方式主義)により権利放棄とみなされ、米国に於いてはパブリックドメインとなった(このため、コモンズに高解像度のスクリーンショットが収録されている)。また、日本では著作権の保護期間が終了したと考えられることから、現在パブリックドメインDVDで旧画質のものが発売中となっている。(デジタル修復のものは1993年から新規の著作権が発生した)。

2007年、映画公開70周年を迎え、それを記念してフロリダディズニー・ワールドでは限定版フィギュアリンが販売された。

2008年にはアーティスト、学者、評論家、歴史家で構成される1,500人以上の審査員によって選定される「AFIアメリカ映画100年シリーズ」の『アメリカ映画アニメーション部門トップ10』で1位に輝いている[3]

挿入歌の『いつか王子様が』(Someday My Prince Will Come )は、ジャズやポピュラー音楽のスタンダードナンバーとして多くのアーティストによってカバーされている。また、小人のマーチ『ハイ・ホー』(Heigh-Ho )も有名。

白雪姫城のモデルとなったとされるセゴビアアルカサルには多くの観光客が訪れる。

(世界各国の公開年については、シンプル英文版「Snow White and the Seven Dwarfs (1937 movie)」も参照)

他の言語で
srpskohrvatski / српскохрватски: Snow White and the Seven Dwarfs (film, 1937)
粵語: 雪姑七友