異星の客

異星の客』(いせいのきゃく、Stranger in a Strange Land)は、 アメリカSF作家 R.A.ハインライン1961年に書いた SF小説。 ヒューゴー賞1962年)、ローカス賞( 1975年)受賞作。日本では 東京創元社が創元SF文庫の一冊として 井上一夫訳で刊行している。

ブライアン・アッシュの『SF百科事典』によれば、「SF界で最も有名な、というよりおそらくは最も悪名高い作品の一つに急速にのし上がってしまった長編」。

成立

アスタウンディング・サイエンスフィクションに 1948年に載せた『 深淵英語版』(Gulf)という短編を書くために ブレインストーミングしているときに、ハインラインはあるアイデアを得た。しかしこのアイデアは短編にするには長すぎるものだったので、結局『深淵』として別の話を載せ、この時得たアイデアを後に異星の客として発表した。ハインラインは当初80万語にもおよぶ長編を書いたが、編集者に「長い」と文句を言われたので削りに削って22万語まで落とした。しかしそれでも長いと言われたのでさらに削って17万語にした。現在出版されている『異星の客』はこの17万語のバージョンである。アメリカでは『異星の客』の「完全版」が出版されているが、これは22万語のバージョンである。

他の言語で