獣の数字

獣の数字(けもののすうじ)は、『 新約聖書』の『 ヨハネの黙示録』に記述されている。以下に引用すると、「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(13章18節)

解説

Neronkesar.png

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節)

この数字の意味については、古来より様々に解釈されてきた。

皇帝ネロ説

自由主義神学高等批評による 聖書学では、 ローマ皇帝 ネロを指すという説が最も支持を得ている。即ち、皇帝ネロ(Nero Caesar)のギリシア語表記(Νέρων Καίσαρ, Nerōn Kaisar)を ヘブライ文字に置き換え(נרון קסר, Nrwn Ksr)、これを数値化し( ゲマトリア)、その和が666になるというもの。ヘブライ文字は ギリシア文字のように、それぞれの文字が数値を持っており、これによって 数記が可能である。この説は、直前の 皇帝崇拝らしき記述とも、意味的に整合する(一説によれば、貨幣経済の比喩ともいわれる)。写本によっては、獣の数字は666でなく、616と記されているものもある(詳細は後述)。この場合は、ギリシア語風の「ネロン」ではなく、本来のラテン語発音の「ネロ」(נרו קסר Nrw Ksr)と発音を正したものと解釈できる。

ローマ教皇説

また、この数は ローマ教皇(=ローマ司教)を指すとする説が、かつて プロテスタント間で 反カトリック教会のプロパガンダとして流布したこともある。それによれば、666とはラテン語で「神の子の代理」を意味する"Vicarius Filii Dei"の、ローマ数字部分を足し合わせたものと一致する、という(V=5、C=100、I=1、L=50、D=500)。しかし、Vicarius Filii Dei がローマ司教の肩書として歴史的に使われたことはなく、加えて、ヨハネ黙示録の思想からも、また西暦100年前後の時代状況とも不適合なことから、今日ではプロテスタント系の学者からも、全く支持を得ていない。ごく一部のプロテスタント教会( セブンスデー・アドベンチスト教会など)では、未だに主張されているとのことである。

ニーコン総主教

666は 反キリストシヴァ=3つの目を現す為[ 要出典])を指すものとして捉えられてきたが、 ロシア正教では1654年に総主教 ニーコンによって行われた典礼改革に反発して 破門された正教 古儀式派(主流派正教会には「ラスコーリニキ(分離派の意)」と蔑称される)が 1666年を反キリスト出現の年と解釈する動きが生じた。その根拠として、総主教ニコン(198)、彼を総主教に抜擢した皇帝 アレクセイ(104)、ニコン配下のギリシャ人典礼校訂者アルセニウス(364)の3つの数字の和が666で獣の数字と一致する、という説が唱えられた。ちなみに 古儀式派が破門されたのも高位聖職者会議の開かれた1666年から1667年の事である。

エホバの証人

また、 エホバの証人は、6は7が象徴する完全さに達しない事を表すとし、さらに6が3回繰り返される事は凶兆を表すとし、獣は人間の諸政府を表すと捉える事から、この数字は「神の完全さの基準に達しない、この世の巨大な政治体制」 [1]を指すと解釈している。

創世記

創世記と関連させると、神の創造の6日目に獣が創造され、人も同じ6日目に創造され獣を支配していることから、支配される獣と同カテゴリとしての人間を指し、この数字によって達成させられる相対的に大きな数字が666になる。ただし、対比する神の刻印には数字も名前もないので無限である。キリストのような奇跡を行うほどに、その大きさを誇る人間の偉業でさえも、神の前では有限であり、印を押させた獣は地中から生じた獣であることから、すべての土の器を持つ者に生じ得る活動であり、支配・管理そのものを目的とする組織を生じさせることが暗示されている(教会組織であっても創造主を意識しない人の力に依存した活動になれば、支配を目的とするようになるので、智恵により見分けることが求められている)。

他の言語で
العربية: رقم الوحش
azərbaycanca: 666 (mifologiya)
беларуская: Лік звера
български: Число на звяра
čeština: Číslo šelmy
Чӑвашла: Кайăк хисепĕ
dansk: Dyrets tal
فارسی: عدد وحش
suomi: Pedon luku
Bahasa Indonesia: Bilangan binatang
한국어: 짐승의 숫자
Plattdüütsch: 666 (Okkultismus)
português: Número da Besta
română: Numărul fiarei
русский: Число зверя
slovenčina: Číslo šelmy
українська: Число звіра
vepsän kel’: Zverin lugu
中文: 獸名數目