物質量

物質量
amount of substance
量記号n
次元N
種類スカラー
SI単位モル(mol)
テンプレートを表示

物質量(ぶっしつりょう、英語: amount of substance)は、物質の量を表す物理量のひとつ[注 1]である[1]。物質を構成する要素粒子の個数をアボガドロ定数 (約 6.022×1023 mol-1) で割ったものに等しい[2][3]要素粒子英語: elementary entity)は物質の化学式で表される。普通は、分子性物質の場合は分子が要素粒子であり、イオン結晶であれば組成式で書かれるものが要素粒子であり、金属では原子が要素粒子である。

物質量は1971年に国際単位系 (SI) の7番目の基本量に定められた。表記する場合は、量記号はイタリック体の n、量の次元の記号はサンセリフ立体の N が推奨されている[4]。物質量のSI単位はモルであり、モルの単位記号は mol である。熱力学的な状態量として見れば示量性状態量に分類される。

他の言語で
العربية: كمية مادة
Boarisch: Stoffmengan
беларуская: Колькасць рэчыва
brezhoneg: Kementad danvez
Deutsch: Stoffmenge
Esperanto: Materikvanto
eesti: Ainehulk
Nordfriisk: Mengde
hrvatski: Množina tvari
Bahasa Indonesia: Jumlah zat
한국어: 물질량
latviešu: Vielas daudzums
Bahasa Melayu: Amaun bahan
Plattdüütsch: Stoffmengde
Nederlands: Stofhoeveelheid
norsk nynorsk: Stoffmengd
srpskohrvatski / српскохрватски: Količina tvari
Simple English: Amount of substance
slovenčina: Látkové množstvo
српски / srpski: Količina supstance
吴语: 物质个量
中文: 物质的量
文言: 物量
Bân-lâm-gú: Bu̍t-chit-liōng
粵語: 物質量