炭酸カルシウム

炭酸カルシウム
識別情報
CAS登録番号471-34-1
ChemSpider9708
E番号E170 (着色料)
特性
化学式CaCO3
モル質量100.087 g/mol
外観白色の粉末
密度2.711 g/cm3方解石
2.93 g/cm3アラレ石
融点

825 °C(分解)
1339 °C(102.5気圧

沸点

分解

への溶解度0.00015 mol/L (25 °C)
構造
結晶構造三方晶系(方解石)
斜方晶系(霰石)
分子の形直線形
熱化学
標準生成熱 ΔfHo−1206.92 kJ mol−1(方解石)
−1207.13 kJ mol−1(霰石)[1]
標準モルエントロピー So92.9 J mol−1K−1(方解石)
88.7 J mol−1K−1(霰石)
標準定圧モル比熱, Cpo81.88 J mol−1K−1(方解石)
81.25 J mol−1K−1(霰石)
危険性
主な危険性無し
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
0
0
RフレーズR36, R37, R38
SフレーズS26, S36
引火点無し
関連する物質
関連物質
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

炭酸カルシウム(たんさんカルシウム、calcium carbonate)は、組成式 CaCO3 で表されるカルシウム炭酸塩である。

貝殻サンゴの骨格、鶏卵の殻、石灰岩方解石霰石大理石鍾乳石白亜(チョーク)の主成分で、貝殻を焼いて作る顔料胡粉と呼ばれる。土壌ではイタリアのテラロッサに含まれる。

製法

実験室では、水酸化カルシウム二酸化炭素を反応させて合成する(石灰水による二酸化炭素の検出原理)。

塩化カルシウムなど可溶性カルシウム塩水溶液に少量のさらし粉を加え不純物のマンガン酸化させたあと水酸化カルシウムを加え、不純物を濾別し、炭酸アンモニウムを加えて沈殿を得る[2]

産業的には「タンカル」と通称され、粉砕した石灰岩を粒度分級した普通品、重質品がほとんどを占めるが、化学反応で微細な結晶を析出させた沈降炭酸カルシウム(薬局方)、軽質炭酸カルシウムも用いられている。粒度をコロイド領域でそろえるなどしたものが、医薬品食品添加物填料などに用いられている。

製造法の反応式は実験室と同じで、日本では炭酸ガス反応法(主に生石灰用焼成炉からの)、欧米では可溶性塩反応法によって生産されている。

他の言語で
Afrikaans: Kalsiumkarbonaat
bosanski: Kalcij-karbonat
Esperanto: Kalcia karbonato
Bahasa Indonesia: Kalsium karbonat
한국어: 탄산 칼슘
македонски: Калциум карбонат
Bahasa Melayu: Kalsium karbonat
Nederlands: Calciumcarbonaat
norsk nynorsk: Kalsiumkarbonat
srpskohrvatski / српскохрватски: Kalcijum karbonat
Simple English: Calcium carbonate
slovenščina: Kalcijev karbonat
српски / srpski: Калцијум-карбонат
українська: Карбонат кальцію
oʻzbekcha/ўзбекча: Kalsiy karbonat
Tiếng Việt: Canxi cacbonat
吴语: 碳酸钙
中文: 碳酸鈣
粵語: 碳酸鈣