火曜クラブ

火曜クラブ
The Thirteen Problems
著者アガサ・クリスティー
発行日イギリスの旗1932年
発行元イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房 ほか
ジャンル推理小説(短編集)
イギリスの旗 イギリス
言語英語
形態ハードカバー
ページ数256ページ(原著初版、ハードカバー)
前作邪悪の家
次作エッジウェア卿の死
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

火曜クラブ』(かようクラブ、原題:The Thirteen Problems, 米題:The Tuesday Club Mystery)は、1932年に刊行されたアガサ・クリスティの短編集。クリスティの4作目の短編集であり、ミス・マープルの初登場作「火曜クラブ」を含むマープルものの短編推理小説13編が収録されている。

イギリスのペンギンブック版 "Miss Marple and the Thirteen Problems" によった訳題『ミス・マープルと13の謎』(創元推理文庫)もある。

概要

1927年に雑誌『スケッチ誌』に短編「火曜クラブ」を皮切りに連載されたマープルもの短編12編に、オリジナルの1篇が加筆され刊行された短編集である。マープルの初登場作品を含むが、短編集として刊行された2年前の1930年に長編『牧師館の殺人』が刊行されたため、本作は初登場作品と見なされないことが多い。

本作は後述する3つの場面より構成されるが、最後の「溺死」以外は6名の登場人物が各々が真実を知る迷宮入り事件(ないし、それに類するもの)を話し、残りのメンバーがそれを推理するが、結局全てマープルだけが解いてしまうという展開である。ただし、マープルが話す事件は誰にも解けず、「バンガロー事件」は会の最中に推理が披露されない。

「火曜クラブ」から「聖ペテロの指のあと」まで
マープルの甥レイモンド・ウェストが彼女の家を借りて主催する火曜クラブが舞台。
「青いゼラニウム」から「バンガロー事件」まで
火曜クラブのメンバーであるサー・ヘンリーによってマープルが客として招かれたバントリー夫妻の晩餐会が舞台。
「溺死」
唯一の進行形の事件。短編集刊行の際に加えられた作品。

また、その形式と知名度から安楽椅子探偵作品の代表作にも挙げられる。

他の言語で