漢字文化圏

漢字文化圏
漢字文化圏における主な言語で「漢字文化圏」という概念の言い方と書き方。

漢字文化圏(かんじぶんかけん)とは、「 文化圏」概念の一つ。 漢字に代表される漢文化(中国文化)を使用しているか、過去に使用していた地域のことであり、漢字の他に 漢文儒教などに由来する文化を共有している [1]

概要

漢字文化圏とは、 中国と中国 皇帝からの 冊封を受けた周辺諸 民族のうち、漢文(特に 中古漢語)を媒体として、中国王朝の国家制度や政治思想を始めとする 文化、価値観を自ら移入し、発展させ、これを中国王朝とゆるやかに共有しながら政治的には自立を確保した地域を指す。日本の 歴史学者西嶋定生が提唱した「東アジア世界論( 冊封体制論)」をきっかけとして定着し、 歴史学における「文化圏」概念形成のモデルの一つとなった。ただし、後述のように明確に冊封体制には組み込まれていたとは言えない国も、漢字文化圏に含まれることには注意を要する。

現在の地域区分で言うと「 東アジア」と重なる部分が大きく、現在の 中国大陸台湾ベトナム朝鮮半島日本列島に代表される地域がここに含まれる。 ただし、日本においてはその一部地域の政権である邪馬台国の卑弥呼が 239年、親魏倭王の爵位に封ぜられたことはあるものの、ほぼ国家統一後の 607年、聖徳太子が隋の煬帝に送った手紙において、隋との対等を表明するため「日出る処の天子」や「東の天皇」と記したことからも明らかな通り、その歴史において統一国家として中国王朝から冊封を受けてきたとみなすことは困難である。

もっとも、 漢民族を主要な民族とする国以外で、現在まで漢字を日常的に使用している 国家は、 日本だけである。 ベトナムでは 識字率の向上から、義務教育で完全に漢字教育を廃止した。 日本統治時代の朝鮮ハングルが普及した朝鮮半島では、 北朝鮮は公式に漢字を廃止して、国民には漢文教育のみ行っている。 韓国では独立と同時にハングル専用法が制定され、漢字はカッコ書きでの扱いとなった。さらに漢字教育は重要視されずに、1970年代以降必修教科でなくなったことから、漢字を読めない世代が増加している(詳細は 朝鮮における漢字を参照)。

他の言語で