満州事変

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 満州事変
  • 満洲事変
  • 滿洲事變
満州事変
Mukden 1931 japan shenyang.jpg
満州事変で瀋陽に入る日本軍。
戦争:満州事変
年月日1931年9月18日 - 1932年2月18日
場所中華民国の旗 中華民国満洲
結果:関東軍による中国東北全域支配
交戦勢力
中華民国の旗 国民革命軍大日本帝国の旗 大日本帝国陸軍(関東軍)
指導者・指揮官
Flag of the Republic of China Army.svg張学良
Flag of the Republic of China Army.svg王鉄漢
Flag of the Republic of China Army.svg馬占山
Flag of the Republic of China Army.svg馮占海
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 本庄繁
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 南次郎
戦力
16000030000 - 66000
損害
??

満州事変(まんしゅうじへん、旧字体: 滿洲事變)は、1931年昭和6年、民国20年)9月18日中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍[注釈 1]南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件[注釈 2])に端を発し、関東軍による満州中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日塘沽協定成立に至る、日本中華民国との間の武力紛争事変)である。中国側の呼称は九一八事変[注釈 3]。関東軍はわずか5か月の間に満州全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。

他の言語で