沈み込み帯

沈み込み帯(しずみこみたい、 : subduction zone)とは、 地球上の2つの プレートが出会って、下にあるほうのプレートがすべって マントルに1年で数cm沈み込む場所のことである。この沈み込みによって 海溝トラフが作られる。

概要

海洋プレートの沈み込みによって 海溝が作られる

沈み込み帯では、プレートが沈み込んでいくことで最終的に消失してマントルとなるため、マントルの上昇から マグマが生成噴出され新しいプレートが作られる 海嶺とは対極の働きをしている。たいていの場合は、より 密度の高い海洋プレートが大陸プレートの下にすべり込み、周辺では多くの 火山があり、また 地震を頻発させる 造山帯をしばしば形成する。

沈み込み帯は海底の リソスフェアが別のプレートに収束し、その下の深さ約100kmに沈み込む線上に存在する。そのような深さでは スラブ橄欖岩エクロジャイト(榴輝岩)に変化し、海底のリソスフェアの密度が増加し、マントルに沈み込む。沈み込み帯ではリソスフェア、 堆積物岩石に閉じ込められた水などが、マントルにリサイクルされる。また地球以外の 惑星では沈み込み帯は確認されていない。もし沈み込み帯がなければ プレートテクトニクスは存在せず、地球はかなり違ったものになっていたかもしれない。

沈み込み(しずみこみ、 : subduction)が発生する原因は、リソスフェアとその下にある アセノスフェアの密度の違いで、それは 地殻の構成で決まる。密度の大きさは通常、 大陸地殻(大陸直下のアセノスフェア)、 海洋地殻(海底の下のアセノスフェア)、アセノスフェアの順に小さくなる。しかし例外的にLIPと呼ばれる 玄武岩が大量に存在すれば、海洋地殻を極端に軽くして沈み込まない海底のリソスフェアの地域を形成することがある。そのような地域ではプレート同士が衝突して、 造山活動を引き起こす。

他の言語で
العربية: اندساس
български: Субдукция
भोजपुरी: धँसाव
brezhoneg: Subduktadur
bosanski: Subdukcija
català: Subducció
čeština: Subdukce
dansk: Subduktion
Deutsch: Subduktion
English: Subduction
Esperanto: Subdukcio
español: Subducción
فارسی: فرورانش
français: Subduction
galego: Subdución
עברית: הפחתה
हिन्दी: निम्नस्खलन
hrvatski: Subdukcija
Kreyòl ayisyen: Sibdiksyon
magyar: Szubdukció
Bahasa Indonesia: Subduksi
italiano: Subduzione
ქართული: სუბდუქცია
한국어: 섭입
lietuvių: Subdukcija
Bahasa Melayu: Zon benam
Nederlands: Subductie
norsk nynorsk: Subduksjon i geologi
occitan: Subduccion
polski: Subdukcja
português: Subducção
română: Subducție
русиньскый: Субдукция
srpskohrvatski / српскохрватски: Subdukcija
Simple English: Subduction
slovenčina: Subdukcia
српски / srpski: Субдукција
Türkçe: Yitim zonu
українська: Субдукція
Tiếng Việt: Hút chìm
中文: 隱沒帶