極地メダル

極地メダル(きょくちメダル、 英語: Polar Medal)は、 イギリスの君主によって授与されるメダルのひとつ。 1857年北極メダル (Arctic Medal) として制定され、 1904年に現行の名称に改称された。

歴史

北極メダルと称された、北極に関わる賞の最初のものは、 19世紀に2回授与された。 イギリス海軍海軍本部は、 1857年に、それまでに行われた数件の北極探検、特に、 1847年に北西航路の探索中に消息を絶った サージョン・フランクリンフランクリン遠征の一行の捜索活動などを対象に、メダルを授与した。

女王陛下におかせられましては、 1818年以降 1855年以前の期間に、発見や探索を目指して北極地域で行われた複数の探検に関わったあらゆる職位、階級の全ての者にメダルを授与する命令を、麗しくもおくだしになりました。 [1]

北極メダルの2回目の授与は、 1875年から 1876年にかけて行われた イギリス北極遠征英語版に加わった三隻の船の乗組員たちを対象に行われた。

1904年極地メダルが、 ロバート・スコット海軍大佐の最初の 南極遠征( ディスカバリー遠征)の参加者に授与された。この時には、救援にあたった テラ・ノヴァ英語版 モーニング英語版の乗組員にもメダルが授与された。これに続いて、 アーネスト・シャクルトンが率いた 1907年から 1909年にかけての ニムロド遠征や、 1914年から 1917年帝国南極横断探検隊の参加者にも、メダルが授与された。

1968年までは、 英連邦諸国の政府が送った全ての南極探検隊に参加した全員に対して、極地メダルが授与されていた。しかし、メダルの授与に関する規定が改定され、その後は、個人としての業績が強調されるように制度が変わった。

メダルは、イギリス国民で、両極地域における知識の拡大に協力して貢献した者か、長期にわたってそうした知識の獲得の支援を卓越した水準で提供した者で、いずれの場合においても、危険で厳しい極地環境を乗り越えた者に対して与えられる。メダルはまた、特段の困難の克服を考慮した場合にも、極地探検の目的への支援を卓越した水準で提供した者にも与えらえることがある。

合計880個の銀メダルと、245個の銅メダルが南極探検に関して授与されている。さらに73個の銀メダルが、北極関係で授与されている。

数人の受賞者たちは、繰り返し極地探検に従事したことに対して メダル・バー英語版を授与されている。 フランク・ワイルド英語版アーネスト・ジョイスは、極地メダルに4本のバーを加えるという、最多本数の記録を分かち持っている [2]

他の言語で
català: Medalla polar
English: Polar Medal
Esperanto: Polusa medalo
español: Medalla Polar
magyar: Polar Medal
italiano: Polar Medal
Nederlands: Polar Medal
português: Medalha Polar