植民の書

『植民の書』の写本の1ページ。アウルトニ・マグヌッソン研究所(レイキャヴィークアイスランド)所蔵。

植民の書』(しょくみんのしょ、アイスランド語: Landnámabók, 短縮形 Landnáma)とは、中世アイスランドの書物である。9世紀から10世紀にかけて行われたノルウェーからアイスランドへの植民(アイスランド語: landnám)についての詳細な記録を残している。『土地占有の書[1]、『ランドナーマボーク』とも。2010年現在、日本語訳は公刊されていない。

他の言語で
Afrikaans: Landnámabók
català: Landnámabók
Cymraeg: Landnámabók
Deutsch: Landnámabók
English: Landnámabók
Esperanto: Landnámabók
español: Landnámabók
euskara: Landnámabók
français: Landnámabók
Bahasa Indonesia: Landnámabók
íslenska: Landnámabók
italiano: Landnámabók
македонски: Ланднама
Nederlands: Landnámabók
norsk nynorsk: Landnåmabok
português: Landnámabók
română: Landnámabók
српски / srpski: Ланднаумабоук
svenska: Landnamsboken
українська: Ланднамабок