梵我一如

梵我一如(ぼんがいちにょ)とは、梵(ブラフマン:宇宙を支配する原理)と我(アートマン:個人を支配する原理)が同一であること[1]、または、これらが同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想。古代インドにおけるヴェーダの究極の悟りとされる。不二一元論(advaita, アドヴァイタ)ともいう。

宇宙の全てを司るブラフマンは不滅のものであり、それとアートマンが同一であるのなら、当然にアートマンも不滅のものである[1]。すなわち個人の肉体が死を迎えても、自我意識は永遠に存続するということであり[1]、またアートマンが死後に新しい肉体を得る輪廻の根拠でもある[1]

他の言語で
Deutsch: Tat Tvam Asi
English: Tat Tvam Asi
हिन्दी: तत्त्वमसि
Bahasa Indonesia: Tat twam asi
മലയാളം: തത്ത്വമസി
русский: Тат твам аси
srpskohrvatski / српскохрватски: Tat tvam asi
slovenčina: Tat tvam asi
српски / srpski: Тат твам аси
svenska: Tat twam asi