柑橘類

柑橘類
Citrus fruits.jpg
さまざまな果実のスライス
分類
:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
階級なし:コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし:バラ類 rosids
階級なし:アオイ類 malvids
:ムクロジ目 Sapindales
:ミカン科 Rutaceae
亜科:ミカン亜科 Aurantioideae
:ミカン連 Citreae
亜連:ミカン亜連 Citrinae
階級なし:柑橘類

柑橘類(かんきつるい)は、ミカン科ミカン亜科ミカン連(カンキツ連)の、ミカン属など数属の総称である。漢籍由来の言葉ではなく日本での造語で、ミカン(蜜)やタチバナ)に代表される。

定義

柑橘類とされる「ことがある」属は以下のとおり。

なお関連する属分類は諸説あるが、ここではウォルター・テニソン・スウィングル田中長三郎による属を使う。

狭義にはミカン属・キンカン属・カラタチ属の3属からなる[1][2][3][4][5][6]。近縁な中で農業的に栽培されるのはこれら3属であり(ただしカラタチ属は主に台木として栽培される[6])、この定義は農業分野に多い。

広義にはそれらにクリメニア属を加えた4属、すなわち、田中による分類での「カンキツ連」に等しい[7][8][3][6]。この定義は分類(の一説)に基づいており、植物学分野に多い。

まれに、さらに広義の定義として、エレモシトラス属・ミクロシトラス属を含めた6属、すなわち、ウォルター・テニソン・スウィングルによる分類での「真正カンキツ類」とすることがある[3]

逆に最も狭義には、ミカン属のみとする[9]。この用法は、Citrus を柑橘類と訳した翻訳文献でしばしば見られる[9]。また、「統計上」という但し書きでミカン属とする資料もある[6]。ただし実際には、日本の農業統計ではキンカンはカンキツ類に含まれている[10](カラタチはデータなしのため扱い不明)。

他の言語で
English: Citreae