東洋アフリカ研究学院

SOAS University of London
校訓Knowledge is Power
学校種別公立
設立年1916年
学長Baroness Valerie Amos
学部生数2,344[1]
大学院生数4,144[2]
所在地Thornhaugh Street Russell Square
WC1H 0XG
キャンパス都市
ウェブサイトhttp://www.soas.ac.uk
テンプレートを表示

東洋アフリカ研究学院(通称ソアス、SOAS [3])は、ロンドン市中心部ラッセル・スクウェアに本部を持つロンドン大学に所属する、英国では唯一の地域研究に特化した教育・研究機関である。ただしロンドン大学を構成する他の教育・研究機関同様、個別の大学として扱われる場合が多い。長らくロンドン大学連合に共通の学位を授与してきたが、2016/17年度の百周年を機に以前から保持していた独自の学位を授与する権利を行使するようになった。また、SOASはイギリスの大学連合1994グループに加盟していたが、同グループは2013年に解体した。

SOASが研究対象としている地域は、その名称が示唆するとおり、 アジアアフリカおよび中近東で、これらの地域を対象とする研究機関では世界最大[4]である。SOASは研究対象の地域から多数の留学生や研究者を受け入れており、結果として100以上の国と地域から留学生が集まり、正規課程の学生40%以上が留学生という国際色豊かな大学[5]となっている。

沿革

  • 1916年 東洋を研究対象にする学校 (the School of Oriental Studies)としてロンドン市のFinsbury Circusに設立される
  • 1917年 国王ジョージ5世を迎えて正式な開学式を行う
  • 1938年 学校名にアフリカが加えられ、現在の校名、the School of Oriental and African Studiesとなる
  • 1941年 キャンパスを現在地ラッセル・スクウェアに定める
  • 1973年 図書館がオープン
  • 2001年 ヴァーノン・スクウェア・キャンパスを利用開始
  • 2003年 ラッセル・スクウェア・キャンパスと図書館を改修、拡張
  • 2016年 ヴァーノン・スクエア・キャンパスを閉鎖し、Senate Houseの北棟を利用開始
他の言語で