東フランク王国

東フランク王国
フランク王国843年 - 911年[注釈 1]/919年[注釈 2]/936年[注釈 3]/962年[注釈 4]神聖ローマ帝国
ドイツ王国
東フランク王国の位置
ヴェルダン条約(843年)以後における東フランク王国とその宗主権が及ぶ地域。
公用語古ザクセン語
古高ドイツ語
古フリジア語
首都様々
フランクフルトレーゲンスブルクを含む)
皇帝
843年 - 876年ルートヴィヒ2世(初代)
876年 - 887年カール3世(フランク王国最後の統一、フランク・ローマ皇帝)
899年 - 911年ルートヴィヒ4世(カロリング朝最後)
919年 - 936年ハインリヒ1世(ザクセン朝初代)
936年 - 973年オットー1世(初代神聖ローマ皇帝)
変遷
ヴェルダン条約843年
カール3世のフランク王国の一時的統一884年
フランク王国最後の分裂887年
カロリング朝断絶911年
オットー1世の皇帝戴冠962年
ドイツの歴史
Coat of arms featuring a large black eagle with wings spread and beak open. The eagle is black, with red talons and beak, and is over a gold background.
この記事はシリーズの一部です。
再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史

ドイツ ポータル
· ·

東フランク王国(ラテン語:regnum Francorum orientalium、:Ostfrankenreich)は9~10世紀に渡って西ヨーロッパに存在した王国ドイツの原型にあたる。

西ヨーロッパは9世紀初頭にローマ教皇から西ローマ皇帝の地位を授けられたフランク王カール大帝によって統一されていた。しかし大帝の死後早くから内部紛争により国家分裂の危機が生じていた。840年に第2代皇帝ルートヴィヒ1世が崩御すると翌年にフォントノワの戦いが勃発。843年ヴェルダン条約によって帝国は正式に三分割された。その東部分がルートヴィヒ1世の三男であるルートヴィヒ2世の統治領域となった東フランク王国である。

ルートヴィヒ2世は父帝に反抗的だったため、東フランク王国は西ローマ帝国の権威を引き継ぐことができなかった。西ローマ帝国として正統だったのは中フランク王国である。しかし中フランク王国はまもなく北イタリアのみを統治するイタリア王国へと縮小した。西フランク王国もまた内憂外患で政情が安定しなかった。そのような状況で東フランク王国は着々と力を蓄えて西ヨーロッパの中心となっていった。9世紀末には西ローマ帝国の盟主としてふるまい、10世紀中ごろにはオットー1世の皇帝即位とイタリア併合によって西ローマ帝国そのものとなった。その後約200年は西ヨーロッパ最強だった帝国だが、やがて衰えてイタリアを失い神聖ローマ帝国、そして現在のドイツとなった。

カール大帝の直系であるカロリング朝の統治は911年までだった。西ローマ帝国の理念は女系ザクセン朝ザーリアー朝ホーエンシュタウフェン朝に引き継がれていった。帝国はごく一時期を除いて西フランク王国(フランス)を併合できなかった。これは西ローマ帝国がゲルマン系のドイツとラテン系のフランスに分かれる原因となった。

他の言語で
Alemannisch: Ostfrankenreich
asturianu: Francia Oriental
brezhoneg: Frankia ar Reter
English: East Francia
Bahasa Indonesia: Francia Timur
norsk nynorsk: Austfrankarriket
português: Frância Oriental
srpskohrvatski / српскохрватски: Istočna Franačka
Simple English: East Francia
српски / srpski: Источна Франачка
Tiếng Việt: Đông Francia
West-Vlams: Oost-Francië