東ゴート族

東ゴート族

東ゴート族(ひがしゴートぞく、Ostrogoths)は、ゲルマン人の一派。

歴史

東ゴート族は、150年ごろから黒海北岸に定住していたゴート族の一派である。220年ごろ、2つに分かれて活動し始める[要出典]ドニエプル川の東側に住んだグループが、砂の多い平野に住んだことからグルトゥンギ・アウストロゴティ (Grutungi Austrogoti)[注釈 1]と呼ばれるようになったが、やがて「グルトゥンギ」の部分が無くなり、「Austrogoti」が「Ostgote」すなわち「東ゴート」に変化して、東ゴート族と呼ばれるようになった[2]。なお、もう一方のグループはドナウ川中流域に定住し、西ゴート族と呼ばれるようになった[要出典]

360年、西へ移動するフン族と接触し始める[要出典]372年、そのフン族により、攻撃を受け[要出典]375年にフン族によって征服される[3]。生き残りの一部は、フン族とともに行動した[4]。また一部はヴァンダル族とともにローマ帝国に保護を求め、パンノニアに移住したが、このときローマ人から屈辱を受ける[要出典]5世紀末にフン族の衰退により、東ゴート族の王テオドリックが部族を率いてイタリアに入り[5]493年東ゴート王国を建国した[6]

後に東ローマ帝国と対立し、一時はローマを占領するなどイタリアの大半を制圧するが[要出典]、皇帝ユスティニアヌス1世の派遣した将軍ベリサリウスに敗れ、その更迭後に東ローマ軍を率いた宰相ナルセスによって滅ぼされた[7]

他の言語で
aragonés: Ostrogodos
العربية: قوط شرقيون
asturianu: Ostrogodos
azərbaycanca: Ostroqotlar
беларуская: Остготы
български: Остготи
brezhoneg: Ostrogoted
català: Ostrogots
čeština: Ostrogóti
Чӑвашла: Остготсем
Cymraeg: Ostrogothiaid
Ελληνικά: Οστρογότθοι
English: Ostrogoths
Esperanto: Ostrogotoj
eesti: Idagoodid
euskara: Ostrogodo
français: Ostrogoths
galego: Ostrogodos
hrvatski: Istočni Goti
Հայերեն: Օստգոթեր
Bahasa Indonesia: Ostrogoth
italiano: Ostrogoti
ქართული: ოსტგუთები
한국어: 동고트인
Latina: Ostrogothi
Lingua Franca Nova: Ostrogoto
lumbaart: Ostrogoti
lietuvių: Ostgotai
latviešu: Ostgoti
македонски: Остроготи
Bahasa Melayu: Ostrogoth
Mirandés: Ostrogodos
Plattdüütsch: Ostgoten
Nederlands: Ostrogoten
norsk nynorsk: Austgotarar
norsk: Østgotere
occitan: Ostrogòt
polski: Ostrogoci
português: Ostrogodos
română: Ostrogoți
русский: Остготы
sicilianu: Ostrogoti
Scots: Ostrogoths
srpskohrvatski / српскохрватски: Ostrogoti
Simple English: Ostrogoths
slovenčina: Ostrogóti
српски / srpski: Остроготи
svenska: Ostrogoter
Türkçe: Ostrogotlar
татарча/tatarça: Остготлар
українська: Остготи
oʻzbekcha/ўзбекча: Ostgotlar
Tiếng Việt: Người Ostrogoth
吴语: 东哥特人
中文: 東哥德人
粵語: 東哥德人