杜牧

杜牧・『晩笑堂竹荘畫傳』より

杜 牧(と ぼく、ピン音:Dù Mù、ウェード式:Tu4 Mu4803年貞元19年) - 853年大中6年))は、中国晩唐期の詩人京兆府中国語版万年県(現陝西省西安市)の人。は牧之。号は樊川。

晩唐の繊細な技巧的風潮を排し、平明で豪放な詩を作った。風流詩と詠史、時事諷詠を得意とし、艶麗と剛健の両面を持つ。七言絶句に優れた作品が多い。杜甫の「老杜」に対し「小杜」と呼ばれ、また同時代の李商隠と共に「晩唐の李杜」とも称される。祖父に中唐の歴史家・杜佑を持ち、詩人の杜荀鶴は庶子と言われる。ほか李白韓愈柳宗元からも影響を受けた。

経歴

長安の名門階級に生まれるが、出生時には既に衰退の途中であった。祖父の杜佑は唐の裁判所長官で、「通典」と呼ばれる百科事典の編纂に携わる。父は杜従郁。828年、25歳で進士に及第。官吏となる。文学奨励会で編者の第一人者となる。数ヵ月後、洪州(現・南昌市)(翌年から宣城)の監督長官である 沈伝師中国語版側近となった[1]833年、31歳の時に揚州(現・揚州市)の淮南節度使牛僧孺の幕下に入り、書記を勤めた。このころ詩作を始める。揚州在任の3年間、毎晩妓楼に通い、風流の限りを尽くしたと言われる。835年検閲官に任命され長安に戻ったが、王朝内部では彼の友人の 李訓英語版鄭注らと宦官が派閥闘争に明け暮れていた。自らは洛陽への転任を申し出て認められたため、その年の暮れに起こった甘露の変を回避できたとされる[2]

以後各地で多くの官職を歴任するが、政変のため中央での出世は得られなかった。837年には失明した妹を介護世話するために揚州に戻り、その後兄も連れて宣州に向かった。最高位の左大臣史書部上官の不正を弾劾する役職に指名され、長安に戻った。840年、配膳局の副長官に、翌年には検閲委員会副長官に任命される。その後黄州池州睦州刺史を歴任するが、杜牧はこの処遇に不満を持ち、李徳裕を非難した。彼は自分の経歴や処遇への不満を詩に表し始めた[3]

848年に勲功部の副長官に任命された彼は中央に戻り、史書部上官の時の功績を表彰される。849年には吏部の副長官となった。850年には依願して湖州の刺史となるが、門下省、ついで中書省の舎人となる。ところがその年病に倒れ、翌年(太陽太陰暦)に亡くなった。

他の言語で
བོད་ཡིག: ཏུའུ་མུའུ།
català: Du Mu
Deutsch: Du Mu
English: Du Mu
Esperanto: Du Mu
español: Du Mu
فارسی: تو مو
français: Du Mu
galego: Du Mu
italiano: Du Mu
한국어: 두목
norsk: Du Mu
português: Du Mu
română: Du Mu
русский: Ду Му
srpskohrvatski / српскохрватски: Du Mu
српски / srpski: Ту Му
svenska: Du Mu
українська: Ду Му
Tiếng Việt: Đỗ Mục
吴语: 杜牧
中文: 杜牧
文言: 杜牧
粵語: 杜牧