杜牧

杜牧・『晩笑堂竹荘畫傳』より

杜 牧(と ぼく、ピン音:Dù Mù、ウェード式:Tu4 Mu4803年貞元19年) - 853年大中6年))は、中国晩唐期の詩人京兆府中国語版万年県(現陝西省西安市)の人。は牧之。号は樊川。

晩唐の繊細な技巧的風潮を排し、平明で豪放な詩を作った。風流詩と詠史、時事諷詠を得意とし、艶麗と剛健の両面を持つ。七言絶句に優れた作品が多い。杜甫の「老杜」に対し「小杜」と呼ばれ、また同時代の李商隠と共に「晩唐の李杜」とも称される。祖父に中唐の歴史家・杜佑を持ち、詩人の杜荀鶴は庶子と言われる。ほか李白韓愈柳宗元からも影響を受けた。

他の言語で
བོད་ཡིག: ཏུའུ་མུའུ།
català: Du Mu
Deutsch: Du Mu
English: Du Mu
Esperanto: Du Mu
español: Du Mu
فارسی: تو مو
français: Du Mu
galego: Du Mu
italiano: Du Mu
한국어: 두목
norsk: Du Mu
português: Du Mu
română: Du Mu
русский: Ду Му
srpskohrvatski / српскохрватски: Du Mu
српски / srpski: Ту Му
svenska: Du Mu
українська: Ду Му
Tiếng Việt: Đỗ Mục
吴语: 杜牧
中文: 杜牧
文言: 杜牧
粵語: 杜牧