杉本博司

杉本博司
Hiroshi Sugimoto Berlin.jpg
生誕 (1948-02-23) 1948年2月23日(70歳)
東京都台東区
国籍日本の旗 日本
出身校立教大学経済学部
アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン
著名な実績写真
公式サイトwww.sugimotohiroshi.com

杉本博司(すぎもと ひろし、1948年2月23日 - )は、日本写真家東京都台東区旧・御徒町出身。東京及びニューヨークを活動の拠点としている。作品は厳密なコンセプトと哲学に基づき作られている。8×10の大判カメラを使い、照明や構図や現像といった写真の制作過程における技術的側面も評価されている[1]

1976年に『ジオラマ』シリーズを制作して以降、『海景』『劇場』『ポートレート』『蝋人形/恐怖の館』『陰翳礼讃』『建築』など、今日まで制作が続くシリーズを発表し続けており、一貫して個人の存在を超えた時間の積み重なりや流れをとらえるためのコンセプトや方法を模索している。

他の言語で
čeština: Hiroši Sugimoto
français: Hiroshi Sugimoto
Nederlands: Hiroshi Sugimoto
srpskohrvatski / српскохрватски: Hiroshi Sugimoto