月の裏

米探査機 クレメンタインが撮影した月の裏

月の裏(つきのうら)は、 の、 地球とは反対側の 半球である。月は 自転公転同期し常に地球に同じ側を向けているため、地球から見て「表と裏」の区別がある。

月の裏の観測

月の裏の大部分は、地球からまったく見ることができない。 1959年ソ連月探査機 ルナ3号が初めて観測した。なお、月の裏の目立つ地形は、この計画に関わったソ連の天文学者により命名されたため、 ツィオルコフスキー、 モスクワの海など、ソ連や ロシアにちなんだものが多い。

裏の大部分は見ることができないが、正確には

  • 月の公転軌道が 円軌道ではなく 離心率0.0549の 楕円軌道なので公転 角速度が変動する
  • 月の公転軸と自転軸が6.7 °ずれている
  • 観測者が地球の中心からずれていることによる地心 視差
  • 月が完全な 回転対称の物体でないことにより自転速度が変動する

ことにより、 秤動が発生し、裏でも表に近い部分は見ることができる。見ることができるのは全月面の59%、言い換えれば(表の100%と)裏の18%である。しかし、角度が 水平に近く、期間も限られているため、観測条件は悪い。

他の言語で