月に憑かれたピエロ

月に憑かれたピエロ』(つきにつかれたピエロ)、あるいは『ピエロ・リュネール』(フランス語: Pierrot lunaire作品21は、アーノルト・シェーンベルクが作曲した室内楽伴奏による連作歌曲である。

正式名称は『アルベール・ジローの「月に憑かれたピエロ」から三度の7つの詩』(ドイツ語: Dreimal sieben Gedichte aus Albert Girauds <<Pierrot lunaire>> )。すなわち、アルベール・ジロー英語版のフランス語詩をオットー・エーリヒ・ハルトレーベン英語版がドイツ語訳したものから21点を選び出し、7点ずつ3部に分け曲付けしたものである。

ソプラノの独唱者は、の雰囲気を補うために、シュプレッヒゲザングドイツ語版様式(語るように歌う=抑揚のようなメロディーが伴う、歌うような話し方)によって詩を「歌う」。無調音楽だが十二音技法ではない。シェーンベルクが音列技法を試みるのは、より後になってからである。

1912年10月16日に、ベルリンのコラリオンザールにおいて、「コロンビーナ」に扮したアルベルティーネ・ツェーメ(Albertine Zehme)を主演に迎えて初演が行われた。

作曲の経緯と受容

ベルギーの作家アルベール・ジローの詩によるピアノ伴奏の連作歌曲集をツェーメに持ちかけられたことが作曲のきっかけとなった。原詩は1884年に出版されている。シェーンベルクは1912年3月12日に作曲を始め、7月9日に脱稿するが、楽器編成を膨らませて、フルートピッコロ持ち替え)、クラリネットバスクラリネット持ち替え)、ヴァイオリンヴィオラ持ち替え)、チェロピアノからなるアンサンブルを構想する。10月16日のベルリン初演を行うまでに、シェーンベルクと主演のツェーメは、40回ものリハーサルを重ねた。反応は予想にたがわず賛否両論であり、アントン・ウェーベルンは初演時の口笛や嘲笑について触れつつも、最終的には「無条件の成功であった」と報告している[1]。歌詞の冒瀆性についていくつか批判がなされたのにシェーンベルクが反論し、「連中が音楽的であったなら、誰一人として歌詞を罵ったりはしまい。それどころか連中は、口笛を吹き吹き立ち去ろうとしたではないか[2]」と述べた。《月に憑かれたピエロ》の上演は、その後も1912年にドイツオーストリアで行われた。

続けて徐々に諸外国での演奏も行われた。中でもフランス初演はダリウス・ミヨーが指揮し、女声はアルザス地域圏出身で仏独両語に堪能だった マリア・フロイントが担当し、第1部のみの部分初演は1921年12月15日にパリ農協ホールで、全曲初演は1922年1月22日3月10日に サル・ガヴォーにて行われ、フランスでのシェーンベルク受容に大きな役割を果たした[3]