暴力

暴力(ぼうりょく)とは他者の 身体財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、 心理的虐待モラルハラスメントなどの 精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。

概説

全ての 人間身体には現実の世界に具体的にはたらきかける能力があり、この能力が他者の意志に対して強制的にくわえられると暴力となる [1] [2]。 暴力は 殺人、傷害、 虐待、破壊などをひきおこすことができる力であり、また、二次的な機能として 強制抵抗・ 抑止などがある。

人間の暴力性については 心理学の立場から、 抑圧の発露、おさえつけられた ルサンチマン、生体にやどる破壊衝動( デストルドー)として説明がなされることもある。

動物行動学の立場から進化の産物であるとする説明が有力である。捕食者や外敵からの防御で身体能力を高める。群れの序列をめぐる争い、雌をめぐる雄の 性淘汰の争い、などで暴力が起きる。 チンパンジーには 子殺しも認められる。

暴力は人間の尊厳や人権をおびやかすものであり、 人道主義平和主義の立場ではあらゆる対立は非暴力的な手段によって、 対話などによって、互いを理解し、互いの苦しみを理解し、 理性的に解決されるべきだ、という社会的 規範は示されている。 しかし、世界的には自己防衛のための合法的暴力や 死刑制度など象徴としての暴力を法制度として許容している国家が存在し、 家庭内暴力体罰を家庭の支配や教育の正当な方法として支持する社会が存在している [3]

他の言語で
العربية: عنف
asturianu: Violencia
azərbaycanca: Şiddət
беларуская: Гвалт
български: Насилие
brezhoneg: Feulster
català: Violència
čeština: Násilí
kaszëbsczi: Przemòga
Cymraeg: Trais
dansk: Vold
Deutsch: Gewalt
Ελληνικά: Βία
English: Violence
Esperanto: Violento
español: Violencia
eesti: Vägivald
euskara: Indarkeria
فارسی: خشونت
suomi: Väkivalta
français: Violence
Frysk: Geweld
galego: Violencia
עברית: אלימות
hrvatski: Nasilje
Kreyòl ayisyen: Vyolans
magyar: Erőszak
Հայերեն: Բռնություն
interlingua: Violentia
Bahasa Indonesia: Kekerasan
Interlingue: Violentie
íslenska: Ofbeldi
italiano: Violenza
ქართული: ძალადობა
ಕನ್ನಡ: ಹಿಂಸಾಚಾರ
한국어: 폭력
Кыргызча: Зомбулук
Latina: Violentia
Lëtzebuergesch: Gewalt
lietuvių: Smurtas
latviešu: Vardarbība
മലയാളം: അക്രമം
Bahasa Melayu: Keganasan
Nederlands: Geweld
norsk nynorsk: Vald
norsk: Vold
ਪੰਜਾਬੀ: ਹਿੰਸਾ
polski: Przemoc
Piemontèis: Violensa
português: Violência
Runa Simi: Atipakuy
română: Violență
русский: Насилие
русиньскый: Насилство
Scots: Veeolence
srpskohrvatski / српскохрватски: Nasilje
Simple English: Violence
slovenčina: Násilie
chiShona: Kurwa
shqip: Dhuna
српски / srpski: Насиље
svenska: Våld
தமிழ்: வன்முறை
Tagalog: Karahasan
Türkçe: Şiddet
українська: Насильство
Tiếng Việt: Bạo lực
中文: 暴力
Bân-lâm-gú: Pō-le̍k