春秋左氏伝

儒家 経典
五経
九経



儀礼/ 周礼
春秋
礼記
春秋左氏伝
春秋公羊伝
春秋穀梁伝
七経 十二経
論語
孝経
爾雅
十三経
孟子

春秋左氏伝』(しゅんじゅうさしでん、 旧字:春秋左氏傳、 拼音: Chūnqiū Zuǒshìzhuàn)は、 孔子の編纂と伝えられている歴史書『 春秋』の代表的な注釈書の1つで、紀元前700年頃から約250年間の歴史が書かれている。通称『左伝』。『春秋左氏』『左氏伝』ということもある。現存する他の注釈書『 春秋公羊伝』『 春秋穀梁伝』とあわせて春秋三伝(略して三伝)と呼ばれている。

成立

伝統的な説では、『左伝』の作者は、 孔子と同時代の の太史であった 左丘明であるといわれているが、伝説にすぎない。『 史記』の中に『左氏春秋』という書物名が見えるが、これが現行の『春秋左氏伝』と同一のものであったかどうかは議論がある。

前漢末の 劉歆は『左伝』を好み、学官に立てるように努力した [1]後漢にはいると 今文古文の対立によって批判されつつも、多くの学者が『左伝』を学ぶようになった。これに対して、 康有為らの 代後期の公羊学者は、『春秋左氏伝』を前漢の 劉歆による偽作であり、自らが擁立していた 王莽の漢王朝乗っ取りの根拠にしたと主張した。

ベルンハルド・カールグレンは、『左伝』の言語が魯の方言と異なることを明らかにし、『左伝』は 先秦の文献ではあるが、伝統的な説でいうように孔子やその門人による著作でもないと結論づけた [2]津田左右吉は前漢末に『史記』などを元にして『左伝』が作られたと考えたが [3]鎌田正は『左伝の成立と其の展開』( 大修館書店 1963)において偽作説を否定し、 戦国時代で作られたと考えた。しかし、劉歆がどの程度『左伝』に手を入れたかについては、結論が出ていない。

他の言語で
العربية: تسوه جوهان
Deutsch: Zuozhuan
English: Zuo zhuan
español: Zuo Zhuan
suomi: Zuozhuan
français: Zuo Zhuan
magyar: Co csuan
Bahasa Indonesia: Zuo zhuan
italiano: Zuo Zhuan
한국어: 춘추좌씨전
polski: Zuozhuan
русский: Цзо чжуань
srpskohrvatski / српскохрватски: Zuo Zhuan
slovenčina: Cuo čuan
українська: Цзо чжуань
Tiếng Việt: Tả truyện
中文: 左传
文言: 左氏春秋
粵語: 左傳