日本海海戦

日本海海戦
Admiral Togo on the bridge of Mikasa
連合艦隊旗艦三笠艦橋で指揮を執る東郷平八郎大将
戦争日露戦争
年月日1905年明治38年)5月27日 - 28日
場所日本海
結果:日本軍の完勝、ロシア艦隊はほぼ全滅
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指導者・指揮官
東郷平八郎大将ロジェストヴェンスキー中将
戦力
戦艦4隻
装甲巡洋艦8隻
巡洋艦15隻

他全108隻[1]

戦艦8隻
海防戦艦3隻
装甲巡洋艦3隻
巡洋艦6隻

他全38隻[2]

損害
水雷艇3隻沈没
戦死117名
戦傷583名
21隻沈没[3]
被拿捕6隻
中立国抑留6隻[4]
戦死4,830名
捕虜6,106名
日露戦争
東郷平八郎1907年〈明治40年〉)

日本海海戦(にほんかいかいせん、1905年5月27日 - 28日)は、日露戦争中に行われた海戦である。

日本以外ではこれを主力決戦の場所に因み対馬沖海戦(つしまおきかいせん、ロシア語: Цусимское сражение (Tsusimskoye srazheniye)、英語:Battle of Tsushima)と呼ぶ。

この海戦は日本海軍連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた。この連合艦隊はロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力のほとんどを失わせたが、連合艦隊の損失は軽微という海戦史上稀な一方的勝利となった[5]

これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。なお日本では上記のロシア海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を用いる。

他の言語で
azərbaycanca: Tsuşima döyüşü
беларуская: Цусімская бітва
български: Битка при Цушима
čeština: Bitva u Cušimy
Bahasa Indonesia: Pertempuran Tsushima
한국어: 쓰시마 해전
lietuvių: Cušimos mūšis
Nederlands: Slag bij Tsushima
srpskohrvatski / српскохрватски: Bitka kod Tsushime
slovenčina: Bitka pri Cušime
српски / srpski: Битка код Цушиме
українська: Цусімська битва
oʻzbekcha/ўзбекча: Susima jangi
Tiếng Việt: Hải chiến Tsushima
粵語: 對馬海戰