教皇勅書

1637年に出されたウルバヌス8世の鉛製印章付き勅書

教皇勅書(きょうこうちょくしょ ラテン語: Bulla apostolica)とは、ローマ教皇によって出された一種の勅令をいう。教皇勅書の末尾には教皇の印章(ラテン語: bulla)が添えられる。それによりbullaという単語そのものが教皇勅書をも意味する。

元来、教皇勅書は教皇からのさまざまなメッセージを民衆に広く伝えるために発行されたが、15世紀以降は最も重要な正式通知を行う場合にのみ利用されるようになった。ローマ教皇によって出された文書であれば、それが正式なものか簡易なものかにかかわらず、過去にさかのぼってあらゆる勅令、勅許の類を教皇勅書と近年の研究者は呼んでいる。

教皇の印章は遅くとも6世紀には使用されていたが、教皇印章という名称が使われ始めたのは13世紀の中頃である。その後、教皇の文書記録を管理するために教皇庁内部で非公式に利用されるようになり、15世紀までに教皇庁尚書院の一つが「教皇文書集記録」(ラテン語: registrum bullarum)と呼ばれるようになると公式なものとなった。

今日、教皇が自分自身を「司教にして神のしもべのしもべ」(ラテン語: episcopus servus servorum Dei)と称する文書は教皇勅書のみである。たとえば、ベネディクト16世が教皇勅書の形式をとる教令を発するときの書き出しは、"Benedictus, Episcopus, Servus Servorum Dei"となる。かつては金属の印章が使用されたが、現在では最重要文書の場合に限られる。バチカン教皇庁尚書院が教皇の名において発行する勅令の中で、最も正式な形態が教皇勅書である。

他の言語で
aragonés: Bula
العربية: مرسوم باباوي
беларуская: Була
беларуская (тарашкевіца)‎: Була
български: Була
català: Butlla
čeština: Papežská bula
Cymraeg: Bwl
dansk: Bulle
English: Papal bull
Esperanto: Buleo (papo)
español: Bula
euskara: Bulda
galego: Bula
hrvatski: Papinska bula
Bahasa Indonesia: Bulla kepausan
한국어: 교황 칙서
Lëtzebuergesch: Peepstlech Bulle
македонски: Була
Bahasa Melayu: Bulla paus
Nederlands: Bul (document)
norsk nynorsk: Bulle
polski: Bulla
português: Bula pontifícia
русский: Булла
Scots: Papal bull
srpskohrvatski / српскохрватски: Papinska bula
slovenčina: Pápežská bula
slovenščina: Papeška bula
svenska: Påvlig bulla
українська: Папська булла
Tiếng Việt: Tông sắc
中文: 教宗诏书