政令指定都市

政令指定都市の位置。全国に20市ある。
札幌市函館市旭川市青森市八戸市盛岡市仙台市秋田市山形市福島市郡山市いわき市水戸市つくば市宇都宮市前橋市高崎市伊勢崎市太田市さいたま市川越市熊谷市川口市所沢市春日部市草加市越谷市千葉市船橋市柏市八王子市横浜市川崎市横須賀市平塚市小田原市茅ヶ崎市相模原市厚木市大和市新潟市長岡市上越市富山市金沢市福井市甲府市長野市松本市岐阜市静岡市浜松市沼津市富士市名古屋市豊橋市岡崎市一宮市春日井市豊田市四日市市大津市京都市大阪市堺市岸和田市豊中市吹田市高槻市枚方市茨木市八尾市寝屋川市東大阪市神戸市姫路市尼崎市明石市西宮市加古川市宝塚市奈良市和歌山市鳥取市松江市岡山市倉敷市広島市呉市福山市下関市高松市松山市高知市北九州市福岡市久留米市佐賀市長崎市佐世保市熊本市大分市宮崎市鹿児島市那覇市
政令指定都市

中核市

施行時特例市

政令指定都市(せいれいしていとし)は、日本大都市制度の1つ。2018年平成30年)現在、全国に20が存在する。略称政令市(せいれいし)が頻繁に使用されるが、正式名称は「指定都市」(地方自治法第252条の19[1])である[2]。ただし、警察法道路法などでは「指定市」が使用される。

法定人口が50万人以上を擁する市のうち、政令[3]で指定された場合に、一般市から移行が成される(#人口要件参照)。

地方自治において都道府県は一般市より上位に位置するが、同制度で指定された市は、都道府県の権限の多くを委譲されることで「都道府県と同等」と見なされている。

内にが設置されるが、都制では特別区に区議会を設置し、区長直接選挙されるのに対し、同制度の区は行政区であり、区議会は無く、区長も市長の任命である。

他の言語で
Bahasa Indonesia: Kota terpilih di Jepang