攻城塔

19世紀フランス中世の攻城塔の絵。

攻城塔(こうじょうとう、ブリーチング・タワー、中世にはベルフリーとも呼ばれた[1])とは、要塞の防壁に接近する際、攻撃者やはしごを防御するよう特別に作られた攻城兵器である。攻城櫓(こうじょうやぐら)とも呼ばれる。

これは木造の移動式やぐらで、城壁に板を渡して兵士を城内に乗り込ませ、また最上階に配置した射手により城壁上の敵を制圧するのが目的である。古代から地中海世界西アジア中央アジア中国の諸文明、中世ヨーロッパ戦国時代日本など、極めて広範囲に普及した。このはしばしば長方体に4個の車輪を付けた形をとり、高さはおよそ防壁のそれと等しいか、または塔の頂上にいる弓兵が要塞の中に射撃できるよう、防壁よりも高められていることがあった。塔が木製で可燃性があったことから、これらには鉄や往々にして直前に剥いだ荷役獣などの生皮といった不燃性の被覆が施されていた[1]。攻城塔は主に木から作られたが、時折は金属製の部品も使われた[2][3][4]

古代の近東では紀元前11世紀から使用され、ヨーロッパでは紀元前4世紀に、また古代の極東でも攻城塔は使用された。こうした攻城塔は動かしにくい大きさであることから、トレビュシェットのように、多くの場合は包囲したその場所で組み立てられた。建造には相当な時間を要し、もしも梯子による攻撃や坑道戦、または防壁や門の破壊などによって要塞の抵抗と防御を打破できないとなれば、攻城塔が主力として作られた。

多くの場合、攻城塔は兵、兵、また防御側へクォレル(クロスボウに用いる矢)を放つ弩兵を収容した。その大きさから、しばしば攻城塔は大きな石を撃ち出すカタパルトの優先目標となったが、塔の方にも報復のための投射物が装備されていた[1]

攻城塔は、兵員が敵の防壁を乗り越えるために使用された。攻城塔が防壁へ近づいたとき、この塔は渡し板を防壁と塔との間に降ろした。兵員は防壁の上から城や市街へと侵入した。

他の言語で
العربية: ضبر (آلة حرب)
български: Обсадна кула
čeština: Obléhací věž
English: Siege tower
Esperanto: Sieĝoturo
español: Torre de asedio
فارسی: برج متحرک
français: Tour de siège
עברית: מגדל מצור
hrvatski: Opsadna kula
Bahasa Indonesia: Menara kepung
italiano: Torre d'assedio
한국어: 공성탑
Nederlands: Belegeringstoren
português: Torre de cerco
sicilianu: Turri d'assèdiu
srpskohrvatski / српскохрватски: Opsadna kula
slovenščina: Oblegovalni stolp
српски / srpski: Опсадна кула
українська: Облогова вежа
中文: 攻城塔