挺進連隊

パレンバン空挺作戦における挺進兵
各種専用装具を着用した挺進兵

挺進連隊(ていしんれんたい、挺進聯隊)とは、大日本帝国陸軍部隊編制連隊)の一つで、空挺作戦用の空挺部隊(落下傘部隊)である。第二次世界大戦時に創設されパレンバン空挺作戦(パレンバン降下作戦)などを行った。通称は挺進部隊陸軍落下傘部隊陸軍空挺部隊など。愛称空の神兵

挺進連隊は、複数個連隊や支援部隊を合わせた旅団に相当するである挺進団(ていしんだん)を構成し戦闘序列に編入され、大戦後期には更なる上級部隊として師団に相当する集団である挺進集団(ていしんしゅうだん)が編成された。帝国陸軍における挺進連隊の軍隊符号Ri、挺進団はRB、挺進集団はRD

本項ではグライダー空挺部隊である滑空歩兵連隊(かっくうほへいれんたい、Ki)についても詳述する。